医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Scientist.com、BIOJapanで日本国内の製薬業界ソートリーダーとつながる

2019年10月08日 PM12:19
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — 製薬業界最大の研究業務外注用オンラインマーケットプレイスを提供するScientist.comは本日、2019年10月9~11日に横浜で開催されるBIOJapanに参加すると発表しました。Scientist.comのマーケットプレイスは、日本の研究企業が研究開発業務の外注を標準化・簡素化するのに役立っており、時間と経費を節減し、国内外の政策や規制をしっかり順守できるようにしています。

本オンラインマーケットプレイスは、世界中の新たに商業化されたツールや技術の情報を定期的に更新する情報源として役立ちます。

Scientist.comの最高業務責任者(CBO)であるマーク・ハーバートは、次のように述べています。「BIOJapanは、Scientist.comがアジア太平洋地域の研究機関と提携関係について議論し、また日本の既存顧客と面談して関係を強化する上で、独自の機会となります。受賞歴があるScientist.comのマーケットプレイスは、日本の製薬企業が研究開発業務の外注を標準化・簡素化するのに役立っており、時間と経費を節減し、最も革新的なライフサイエンス技術へ容易にアクセスできるようにしています。」

Scientist.comは現在、武田薬品を含め、日本の製薬企業上位5社中4社に限定した外注用マーケットプレイスを運営しています。Scientist.comは2018年に、日本に拠点を置く完全子会社のScientist.com GKを創設しました。当社の日本事業所は、東京の日本橋ライフサイエンスビルディングに位置しています。

Scientist.comのチームは、BIOJapanではバイオコムのカリフォルニアパビリオン、B-1ブースで展示しますので、皆さまをお待ちしています。

Scientist.comについて

Scientist.comは研究開発業務外注のための世界一流の企業向けゲートウェイ市場です。当市場は研究業務の外注を簡素化することで、時間と経費を節減し、リスクを低減するとともに、最新の革新的なツールと技術を利用いただけるようにします。Scientist.comは世界の大手製薬企業の大部分、バイオテクノロジーイノベーション協会(BIO)、米国立衛生研究所(NIH)を顧客として、非公開企業市場を運営しています。2007年の設立以来、Scientist.comは3200万ドル超の資金を5AMベンチャーズ、リーリンク・トランスフォーメーション・パートナーズ、ヘリテージ・プロバイダー・ネットワークなどから調達しました。詳細情報についてはscientist.comをご覧ください。

Scientist.comのソーシャルメディア:リンクトインツイッターユーチューブフェイスブックインスタグラム

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20191007005880/ja/

CONTACT

Sean Preci

Director of Communications, Scientist.com

858-455-1300 ext. 401

marketing@scientist.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Solasia Announces Approval of episil® oral liquid in South Korea
  • Retrospective Real-World Comparative Analysis Highlights Safety of Vedolizumab and Anti-TNFα Therapies in Biologic-Naïve Patients with Ulcerative Colitis or Crohn’s Disease
  •  Vertex Announces Reimbursement of Cystic Fibrosis Medicines SYMDEKO® (tezacaftor/ivacaftor and ivacaftor) for Eligible Patients Ages 12 and Older, and ORKAMBI® (lumacaftor/ivacaftor) in Children Ages 2 to 5, With Certain CFTR Mutations in Australia
  • ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター、世界経済フォーラム、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が広域流行病シミュレーション・ライブ配信を主催
  • がん免疫療法におけるスティーブン・ローゼンバーグ博士の偉業が日本の若い研究者の刺激に、幹細胞に関する第14回フジオカップクイズはインドのチームが優勝