医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ピックアップ特集記事

gio_com2_240

非小細胞肺がん、ジオトリフ治療継続のための皮膚障害管理とは-チーム医療の実践が促す患者意識の向上と副作用マネジメント

非小細胞肺がんに対するEGFR-TKIによる薬物治療では、高い割合で皮膚障害の副作用が報告されている。LUX-Lung7におけるジオトリフの有害事象報告では、下痢に次いで発疹/ざ瘡様皮疹が報告され、その発現割合は8割超にもおよび、その管理は治療継続の大きなカギ… 続きを読む

読了時間:約 8分7秒  2017年07月10日 PM12:00
kavolb6_top240

花粉症治療 患者ビッグデータ(6)“売れ筋”市販薬の成分は<点鼻薬編>

処方薬・市販薬検索サイト「QLifeお薬検索」の検索ランキングデータや通販サイトの売上ランキングなどをもとに、いわゆる“売れ筋”の市販薬をリストアップ、添付文書から、その成分などを一覧化する。今回は「点鼻薬」について紹介する。… 続きを読む

読了時間:約 4分13秒  2017年05月16日 AM10:00
cosmic240

多発性硬化症と視神経脊髄炎 その鑑別診断をどう行うべきか~重要度を増す抗AQP4抗体測定

視神経炎による視力障害と急性脊髄炎による脊髄障害を主症状とする神経難病の視神経脊髄炎(NMO)は、神経線維を覆う髄鞘の破壊により視力低下や四肢の感覚障害を起こし、神経難病の多発性硬化症(MS)と症状が類似しているため、その鑑別診断に難渋するケースが少なくない。… 続きを読む

読了時間:約 3分55秒  2017年05月12日 AM10:00
出張時に便利!全国空港別 ANA FESTAお土産ランキング

最新記事

慢性心不全患者の栄養管理 専門医・非専門医の意識ギャップは?~外来慢性心不全患者の栄養管理に関する医師調査~

慢性心不全患者の栄養管理 専門医・非専門医の意識ギャップは?~外来慢性心不全患者の栄養管理に関する医師調査~

QLifeは、兵庫県立尼崎総合医療センター 循環器内科科長の佐藤幸人先生監修のもと、心不全専門医40人、循環器専門医80人、非専門医80人の計200人の医師を対象に、慢性心不全治療における栄養管理の実態調査を実施した。… 続きを読む

読了時間:約 3分31秒  2017年11月15日 PM08:00
これまでの抗がん剤と何が違うのか?世界初の抗PD-1抗体オプジーボ

これまでの抗がん剤と何が違うのか?世界初の抗PD-1抗体オプジーボ

近年「免疫チェックポイント阻害薬」という新たながん治療薬が登場し、注目を集めている。オプジーボがどのように世に出てきたのか、なぜあれほど高額な薬価となったのか。小野薬品工業の取締役副社長兼開発本部長の粟田浩氏にお話を伺った。… 続きを読む

読了時間:約 6分1秒  2017年09月15日 PM03:00
非小細胞肺がん、ジオトリフ治療継続のための皮膚障害管理とは-チーム医療の実践が促す患者意識の向上と副作用マネジメント

非小細胞肺がん、ジオトリフ治療継続のための皮膚障害管理とは-チーム医療の実践が促す患者意識の向上と副作用マネジメント

非小細胞肺がんに対するEGFR-TKIによる薬物治療では、高い割合で皮膚障害の副作用が報告されている。LUX-Lung7におけるジオトリフの有害事象報告では、下痢に次いで発疹/ざ瘡様皮疹が報告され、その発現割合は8割超にもおよび、その管理は治療継続の大きなカギを握っている。EGFR-TKIの皮膚障害に対する対策チームを始動させている四国がんセンター呼吸器内科の野上尚之先生と同センター薬剤部の小暮友毅先生にNSCLCに対するジオトリフ治療継続のための皮膚障害対策の実際と重要性について伺った。… 続きを読む

読了時間:約 8分7秒  2017年07月10日 PM12:00
花粉症治療 患者ビッグデータ(6)“売れ筋”市販薬の成分は<点鼻薬編>

花粉症治療 患者ビッグデータ(6)“売れ筋”市販薬の成分は<点鼻薬編>

処方薬・市販薬検索サイト「QLifeお薬検索」の検索ランキングデータや通販サイトの売上ランキングなどをもとに、いわゆる“売れ筋”の市販薬をリストアップ、添付文書から、その成分などを一覧化する。今回は「点鼻薬」について紹介する。… 続きを読む

読了時間:約 4分13秒  2017年05月16日 AM10:00
多発性硬化症と視神経脊髄炎 その鑑別診断をどう行うべきか~重要度を増す抗AQP4抗体測定

多発性硬化症と視神経脊髄炎 その鑑別診断をどう行うべきか~重要度を増す抗AQP4抗体測定

視神経炎による視力障害と急性脊髄炎による脊髄障害を主症状とする神経難病の視神経脊髄炎(NMO)は、神経線維を覆う髄鞘の破壊により視力低下や四肢の感覚障害を起こし、神経難病の多発性硬化症(MS)と症状が類似しているため、その鑑別診断に難渋するケースが少なくない。3月31日、東京・昭和大学病院において、免疫性神経疾患学術講演会(昭和大学医師会・株式会社コスミックコーポレーション共催)が開かれた。… 続きを読む

読了時間:約 3分55秒  2017年05月12日 AM10:00
記事一覧へ