医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ピックアップ特集記事

vol.03 在宅を“前向きな選択肢”に。血液内科医が作る在宅診療の新しいコンセプト

vol.03 在宅を“前向きな選択肢”に。血液内科医が作る在宅診療の新しいコンセプト

私が医師を志したきっかけの一つに、身内に血液疾患の者がいたということもあり、「治したい」という思いは常に診療の中でも大切にしてきました。ところが、一時期基礎研究に集中し臨床から離れたときに、俯瞰して考える機会があり、医師である私の「治したい」という気持ちと、患… 続きを読む

読了時間:約 10分56秒  2020年11月05日 PM06:03
vol.02 「地域に必要とされるクリニック」目指して、患者さんに手を差し伸べ続ける

vol.02 「地域に必要とされるクリニック」目指して、患者さんに手を差し伸べ続ける

いま、血液内科は多忙を極めています。高齢化や予後改善により患者さんが増え続ける中、かつて私も大学病院で朝から夕方遅くまで患者さんを診療し、食事を摂れないときがありました。大学病院というのは医療機関であり研究・教育機関でもあります… 続きを読む

読了時間:約 9分23秒  2020年11月05日 PM06:01
vol.01 増え続ける血液疾患患者の診療をクリニックでも。ベテラン血液内科医の“最後の冒険”

vol.01 増え続ける血液疾患患者の診療をクリニックでも。ベテラン血液内科医の“最後の冒険”

私が済生会中津病院の血液内科部長として勤めていた約12年間(2006~2018年)に、血液疾患患者さんは約10倍に増えました。この理由として、高齢化などによる患者増加と治療法の進歩による長期生存が挙げられます… 続きを読む

読了時間:約 9分15秒  2020年11月05日 PM06:00
出張時に便利!全国空港別 ANA FESTAお土産ランキング

最新記事

EGFR変異陽性進行非小細胞肺がんの治療最前線~薬剤選択から患者コミュニケーションまで

EGFR変異陽性進行非小細胞肺がんの治療最前線~薬剤選択から患者コミュニケーションまで

日本人の肺がんの8割以上を占める非小細胞肺がん(NSCLC)。そのうち約4割に受容体型チロシンキナーゼEGFR(上皮成長因子受容体)の活性型変異が認められる。この、EGFRに対する分子標的薬の登場により、肺がんの治療成績は飛躍的に向上した… 続きを読む

読了時間:約 10分51秒  2020年11月26日 AM11:00
vol.03 在宅を“前向きな選択肢”に。血液内科医が作る在宅診療の新しいコンセプト

vol.03 在宅を“前向きな選択肢”に。血液内科医が作る在宅診療の新しいコンセプト

私が医師を志したきっかけの一つに、身内に血液疾患の者がいたということもあり、「治したい」という思いは常に診療の中でも大切にしてきました。ところが、一時期基礎研究に集中し臨床から離れたときに、俯瞰して考える機会があり、医師である私の「治したい」という気持ちと、患者さんの… 続きを読む

読了時間:約 10分56秒  2020年11月05日 PM06:03
vol.02 「地域に必要とされるクリニック」目指して、患者さんに手を差し伸べ続ける

vol.02 「地域に必要とされるクリニック」目指して、患者さんに手を差し伸べ続ける

いま、血液内科は多忙を極めています。高齢化や予後改善により患者さんが増え続ける中、かつて私も大学病院で朝から夕方遅くまで患者さんを診療し、食事を摂れないときがありました。大学病院というのは医療機関であり研究・教育機関でもあります… 続きを読む

読了時間:約 9分23秒  2020年11月05日 PM06:01
vol.01 増え続ける血液疾患患者の診療をクリニックでも。ベテラン血液内科医の“最後の冒険”

vol.01 増え続ける血液疾患患者の診療をクリニックでも。ベテラン血液内科医の“最後の冒険”

私が済生会中津病院の血液内科部長として勤めていた約12年間(2006~2018年)に、血液疾患患者さんは約10倍に増えました。この理由として、高齢化などによる患者増加と治療法の進歩による長期生存が挙げられます… 続きを読む

読了時間:約 9分15秒  2020年11月05日 PM06:00
座談会 静脈血栓塞栓症(VTE)の治療における地域連携への取り組み―クリティカルパス作成とその運用―

座談会 静脈血栓塞栓症(VTE)の治療における地域連携への取り組み―クリティカルパス作成とその運用―

近年、静脈血栓塞栓症(VTE)の治療選択肢の一つに直接経口抗凝固薬(DOAC)が加わり、DOACのみで治療するシングルドラッグアプローチが可能となった。これにより、患者の状態によっては外来での治療が可能となったことから、病院とかかりつけ医との連携の必要性が高まっている。今回、「VTE地域連携パス」を使用して、連携を実践している先生方にお集まりいただき、その取り組みについてうかがった。… 続きを読む

読了時間:約 19分1秒  2019年12月12日 PM03:00
記事一覧へ