医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ピックアップ特集記事

耳鼻咽喉科医師600人調査(1)アレルギー性鼻炎2018年疫学調査結果

耳鼻咽喉科医師600人調査(1)アレルギー性鼻炎2018年疫学調査結果

2018年春の都内におけるスギ(ヒノキ)花粉の飛散数は、前シーズンの約4.1倍、2008年から2017年までの過去10年間の平均の約2.4倍だった。花粉の飛散シーズンに特に忙しくなる耳鼻咽喉科医は、自身のアレルギー性疾患についてどのように対処しているのだろうか… 続きを読む

読了時間:約   2019年03月19日 AM11:00
花粉症患者が知るべき、室内における抗原回避・除去のポイントとは

花粉症患者が知るべき、室内における抗原回避・除去のポイントとは

アレルギー性疾患治療では抗原曝露の回避が基本であり、患者の主体的な抗原回避行動が求められる。今回は、室内で気を付けるべき花粉回避・除去のポイントについて解説する。… 続きを読む

読了時間:約   2019年03月11日 PM03:00
目における花粉症対策のポイント、 花粉症対策用の眼鏡の効果とは?

目における花粉症対策のポイント、 花粉症対策用の眼鏡の効果とは?

目は、粘膜が直接花粉に触れるため、花粉の影響を受けやすい。スギ・ヒノキに代表される春の花粉症では、空気が乾燥する時期と重なり目の粘膜が敏感になることも重症化しやすい理由のひとつとして挙げられる。今回は、花粉症対策用の眼鏡等、目における花粉症対策について解説する… 続きを読む

読了時間:約   2019年02月21日 PM03:00
出張時に便利!全国空港別 ANA FESTAお土産ランキング

最新記事

耳鼻咽喉科医師600人調査(1)アレルギー性鼻炎2018年疫学調査結果

耳鼻咽喉科医師600人調査(1)アレルギー性鼻炎2018年疫学調査結果

2018年春の都内におけるスギ(ヒノキ)花粉の飛散数は、前シーズンの約4.1倍、2008年から2017年までの過去10年間の平均の約2.4倍だった。花粉の飛散シーズンに特に忙しくなる耳鼻咽喉科医は、自身のアレルギー性疾患についてどのように対処しているのだろうか。… 続きを読む

読了時間:約   2019年03月19日 AM11:00
花粉症患者が知るべき、室内における抗原回避・除去のポイントとは

花粉症患者が知るべき、室内における抗原回避・除去のポイントとは

アレルギー性疾患治療では抗原曝露の回避が基本であり、患者の主体的な抗原回避行動が求められる。今回は、室内で気を付けるべき花粉回避・除去のポイントについて解説する。… 続きを読む

読了時間:約   2019年03月11日 PM03:00
目における花粉症対策のポイント、 花粉症対策用の眼鏡の効果とは?

目における花粉症対策のポイント、 花粉症対策用の眼鏡の効果とは?

目は、粘膜が直接花粉に触れるため、花粉の影響を受けやすい。スギ・ヒノキに代表される春の花粉症では、空気が乾燥する時期と重なり目の粘膜が敏感になることも重症化しやすい理由のひとつとして挙げられる。今回は、花粉症対策用の眼鏡等、目における花粉症対策について解説する。… 続きを読む

読了時間:約   2019年02月21日 PM03:00
花粉症対策としてのマスク、これだけは押さえて欲しい基本性能のポイントとは

花粉症対策としてのマスク、これだけは押さえて欲しい基本性能のポイントとは

全国の耳鼻咽喉科標榜医師600人を対象に実施した調査結果で、花粉症罹患医師が実施している花粉症対策として57.4%と最も多い結果となったマスク。花粉症対策として支持されるマスクだが、使用方法や性能について正しく患者に説明できているだろうか?今回は、患者説明にも使用できる花粉症対策としてのマスクのポイントについてまとめた。… 続きを読む

読了時間:約   2019年01月29日 PM03:00
結節性硬化症(TSC)座談会「討議:結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫治療の実際」後編

結節性硬化症(TSC)座談会「討議:結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫治療の実際」後編

結節性硬化症(TSC)に伴う腎血管筋脂肪腫(腎AML)への治療介入基準やフォローアップについて、佐々木ひと美先生(藤田保健衛生大学)を座長に、波多野孝史先生(JR東京総合)、水野隆一先生(慶應義塾大学)、迫田晃子先生(東京女子医科大学)、河野春奈先生(順天堂大学)、植村元秀先生(大阪大学)、松川宜久先生(名古屋大学)が参加し、意見を交わした。… 続きを読む

読了時間:約 12分30秒  2018年12月13日 PM02:01
記事一覧へ