医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 記憶を正しく思い出すための仕組みを解明、記憶障害などの研究進展に期待-東大

記憶を正しく思い出すための仕組みを解明、記憶障害などの研究進展に期待-東大

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年04月28日 PM05:45

高次領域からの信号で、低次領域の皮質層間の神経回路が活性化

東京大学は4月24日、同大学院医学系研究科の竹田真己元特任講師らの研究グループが、サルが記憶を思い出している際に、大脳の側頭葉で、高次領域から送られる信号によって低次領域の皮質層間にまたがる神経回路が活性化されることを明らかにしたと発表した。


画像はリリースより

認知機能や記憶の中枢として知られ、大脳の後方側面に位置する側頭葉では、視覚の長期的な記憶に関わるニューロン群が存在することは知られていたが、従来はニューロンの活動を1つずつ計測する手法が一般的であったため、記憶を想起している際に側頭葉の複数の領域にまたがるニューロン群がどのような原理で活性化されるかは明らかにされていなかった。

大脳ネットワークの作動原理解明に期待

そこで研究グループは、複数の記録チャンネルを持つ電極を使用して、側頭葉のTE野(中下部、前下部)の皮質層間の信号を記録。また、より高次の領域である36野からの信号も同時に記録することで、サルが視覚の長期記憶を想起している際には、TE野の皮質層間にまたがる神経回路が36野からのトップダウン信号(高次から低次の領域への信号)によって活性化されることが重要であることを明らかにしたという。

今回用いた領域間信号と皮質層間信号を同時に記録、解析する手法により、記憶の想起を支える大脳ネットワークの作動原理の解明が進むとともに、視覚的な記憶障害に関わる神経回路の研究が進展すると期待される。

なお、この研究は、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業チーム型研究の一環として行われた。研究成果は、米科学誌「Neuron」オンライン速報版に4月23日付で公開されている。

▼外部リンク
東京大学 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 脳内ヒスタミン、一部の神経細胞に働き記憶・学習促進の可能性-名古屋市立大ほか
  • 骨髄異形成症候群、MSCの骨芽細胞分化障害を介した造血不全機序を解明-FBRIほか
  • 治療抵抗性うつ病への「維持rTMS療法」を先進医療で実施、世界初-NCNP
  • 先天性甲状腺機能低下症、発症に関わるゲノム領域を同定-成育医療センターほか
  • 肺線維症など種々の炎症性疾患の病状を改善できる新手法の開発に成功-京大ほか