医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > スギ花粉飛散ピーク、西~東日本は3月上~中旬-2015年地域別スギ・ヒノキ花粉飛散傾向

スギ花粉飛散ピーク、西~東日本は3月上~中旬-2015年地域別スギ・ヒノキ花粉飛散傾向

読了時間:約 1分5秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月01日 AM10:00

飛散開始は平年並みか平年よりやや早い予想

株式会社ウェザーニューズは11月27日、2015年春シーズンのスギ・ヒノキ花粉の飛散傾向を発表した。2015年の花粉シーズンは、九州や西日本では2014年よりも少ない飛散量となるものの、関東を中心とする東日本(太平洋側)で2014年シーズンの2~3倍になると予想されている。


この画像はイメージです

花粉の飛散開始時期は、九州と関東が最も早く1月末~2月はじめにかけて、以降、2月中旬に東海や西日本、2月下旬には北陸・東北でも飛散が始まる模様。スギ花粉の飛散がピークとなる時期は、九州では2月末~3月はじめに、西日本、関東、東海では3月上旬~中旬に、北陸では3月中旬~下旬に、東北では3月下旬~4月上旬となる見通しとしている。

関東では前年比2.5倍を超える花粉が飛散すると予想

花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり、少ない年の翌年は多くなったりと、花粉の飛散量は交互に増減する傾向がある。2015年の花粉シーズンは、東北~中国、四国(瀬戸内側)では、前年よりも飛散量が多くなる傾向。また、北海道や九州、四国(太平洋側)では2015年春は前年よりも飛散量が少なくなる傾向と言えるが、近年は特に九州や北海道では飛散量の増減がやや不明瞭になる傾向があり、東日本エリアと比べると、飛散量の増減に対しては、夏の天候の影響が大きいと考えられる。

県別に見た前年比の花粉飛散量予想では、関東エリアが最も高く、東京都の295%を筆頭に、関東の1都6県すべてで前年度の2倍以上の花粉が飛散すると予測されている。一方、中国四国の一部と九州では、前年を下回っており、徳島県と高知県では前年の約半分の飛散量と予測されている。(

▼外部リンク
株式会社ウェザーニューズ プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 冠動脈拡張症による急性心筋梗塞、ワルファリン適切使用で心イベント発生率低下-国循
  • Rhoキナーゼ活性が冠攣縮性狭心症の長期予後を予測するバイオマーカーに-東北大
  • オレキシンが関与する新たな恐怖調節経路を発見-筑波大ら
  • 予定帝王切開率の地域差、背景に周産期医療体制の違い-東大
  • 口腔がんが産生するVEGF、VEGF-Flt-1経路を介して顎骨浸潤に関与-広島大