医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬害オンブズ会議】「アビガン」、過剰な期待に警鐘-治験で有効性の証明必要

【薬害オンブズ会議】「アビガン」、過剰な期待に警鐘-治験で有効性の証明必要

読了時間:約 1分54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月13日 AM10:48

薬害オンブズパースン会議は、富士フイルム富山化学の抗インフルエンザウイルス薬「」(一般名:)について、「観察研究」として行われている適応外使用や承認申請された場合に慎重な対応を求める意見書を加藤勝信厚生労働相に提出した。同会議は、アビガンが季節性インフルエンザの治療薬として承認申請されたものの、「」との比較で非劣性が示せなかったばかりか、プラセボと比較した堅固な有効性の証明にも失敗した「極めて異例の手続きで承認された薬剤」と指摘。新型コロナウイルス感染症治療薬として、過剰とも言える期待を集めている状況に強い危惧を示した。

意見書では、季節性インフルエンザを対象としたアビガンの臨床試験で「プラセボに対する優越性を示すことができたのは一つのみである」と指摘。それにも関わらず、備蓄用という特殊な承認条件で承認されたアビガンが、新型コロナウイルス感染症治療薬として過剰な期待を集めていることに警鐘を鳴らした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】薬局4.3万軒が締結-医療措置協定、6月時点
  • 【中医協総会】医療DX体制加算は3区分-10月から適用、最大7点
  • 【FIRM 志鷹会長】本承認へ予見性高まる-再生医療等製品、有効性評価の通知
  • 【東北大病院薬剤部】薬剤師出向で指導件数増加-病棟業務の従事機会も創出
  • 【厚労省】後発品業界再編で窓口設置-法令上の懸念内容を収集