医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 【インフル流行マップ45週】定点当たり報告数が1を超え、全国的な流行期に突入-感染研

【インフル流行マップ45週】定点当たり報告数が1を超え、全国的な流行期に突入-感染研

読了時間:約 1分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月15日 PM03:15

警報越えは沖縄の1か所、注意報越えは3県3か所

国立感染症研究所は11月15日、2019年第45週:11月4日~11月10日(11月13日現在)のインフルエンザ流行レベルマップと、それに対するコメントを、同研究所のウェブサイトに掲載した。


画像は感染研のウェブサイトより

2019年第45週の定点当たり報告数は1.03(患者報告数5,084)となり、流行開始の指標である1.00を上回った。全国的なインフルエンザの流行に入ったと考えられる。都道府県別では沖縄県(4.45)、鹿児島県(2.66)、青森県(2.48)、長崎県(2.31)、福岡県(2.03)の順となっている。33道府県で前週の定点当たり報告数より増加がみられたが、2府県で定点当たり報告数の増減に変化なく、12都県で前週の定点当たり報告数より減少がみられた。

定点医療機関からの報告をもとにした推計受診者数については、現在システムの調整を行っていることから、可能となった時点から情報提供を行う予定だという。

・注意報は、地域を管轄する保健所単位で発生する仕組みになっている。全国で警報レベルを超えている保健所地域は沖縄県の1か所(八重山)だった。また、注意報レベルを超えている保健所地域は長崎県の1か所(県南)、新潟県の1か所(佐渡)、青森県の1か所(八戸市)の計3か所だった。

基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は71例で、前週(57例)より増加。25都道府県から報告があり、年齢別では0歳(2例)、1~9歳(27例)、10代(5例)、20代(1例)、30代(2例)、50代(1例)、60代(9例)、70代(10例)、80歳以上(14例)だった。

国内のインフルエンザウイルスの検出状況は、直近の5週間(2019年第41~45週)ではAH1pdm09(98%)、AH3亜型(1%)、B型(1%)の順だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 血管内皮細胞と造血幹細胞の共通マーカーが、胎生期の造血発生に重要と判明-阪大
  • 慢性疲労症候群の診断に有用な血中バイオマーカーを発見-三重大ほか
  • 国や企業などが行う「集団の謝罪」、どのような方法で誠意が伝わるか判明-神戸大ほか
  • 「手術後癒着」IL-6を中心とする分子機構を発見、抗IL-6Rの有用性を確認-兵庫医大
  • 乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取が花粉症症状を軽減させるメカニズムを解明-ヤクルトほか