医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 東大ら 統合失調症の病態に転移因子LINE-1の増化が関与と発表

東大ら 統合失調症の病態に転移因子LINE-1の増化が関与と発表

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年01月14日 PM04:30

病態の理解へ大きな手がかり

脳の発達中において、神経細胞のゲノムの中でLINE-1(ラインワン)と呼ばれる転移因子(レトロトランスポゾン)が増えることが、統合失調症の病態に関わることが明らかにされた。

(この画像はイメージです)

これは、東京大学大学院医学系研究科・分子精神医学講座の岩本和也特任准教授、文東美紀特任助教、理化学研究所 脳科学総合研究センター・精神疾患動態研究チームの加藤忠史チームリーダーの研究グループが、慶應義塾大学、新潟大学、奈良県立医科大学と共同で解明したもの。研究成果は日本時間1月3日、米科学雑誌「ニューロン」の電子版に掲載された。

統合失調症の病態の理解へ大きな手がかりを与え、統合失調症の治療法や診断法、発症予防法の開発に寄与することが期待される。

脳組織のDNAにおいて有意に増加

研究チームは、統合失調症の病態にLINE-1が関係していると考え、患者の脳組織におけるDNA中のLINE-1配列の含量を測定した。その結果、健常な対照群と比べLINE-1配列が統計学的に有意に増加していることを見いだしたという。

さらに、動物モデルを用いて検討を行った結果、統合失調症の危険因子である発達期の環境因子(胎生期のウイルス感染や周産期障害)によってLINE-1配列が増加することも発見したとしている。(小林 周)

▼外部リンク

東京大学 プレスリリース
http://http://www.h.u-tokyo.ac.jp/vcms_lf/release

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 自閉スペクトラム症児の言語発達に関わる脳の特徴の可視化に成功-金沢大
  • 過敏性腸症候群、アンジオテンシンII受容体拮抗薬により慢性炎症を改善-名大
  • 電子タバコの使用で禁煙成功確率が1/3に低下-国がん
  • クローン病・急性GVHD対象、羊膜間葉系幹細胞の医師主導治験開始-兵庫医大病院ら
  • 実験動物を使用しない新規皮膚感作性物質試験法をOECDが認証-東北大