医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【支払側が会見】確実な賃上げの検証必要-一層問われる薬局改革

【支払側が会見】確実な賃上げの検証必要-一層問われる薬局改革

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年02月16日 AM10:29

2024年度診療報酬改定の答申を受け、中央社会保険医療協議会の支払側委員は14日に記者会見し、改定議論を総括した。鳥潟美夏子委員(全国健康保険協会理事)は、病院薬剤師等の賃上げ評価として「外来・在宅ベースアップ評価料」が新設されたことについて、「確実に賃上げが実施されたか丁寧に検証する必要がある」とクギを刺した。調剤報酬で処方箋受付回数が多い薬局や同一敷地内薬局に対する評価が厳格化されることに対しては、「地域における薬局改革が従来以上に問われる」との認識を示した。

支払側委員を代表して鳥潟氏は、薬価制度改革にも言及し、「革新的医薬品のイノベーションへの十分な配慮、後発品の安定供給への確保に向けてメリハリをつけた見直しが行われた。企業指標の導入については、後発品の安定供給確保に向けた第一歩。早期に公表すると共に、追加項目の有無を検討し、今後の改定に生かしてほしい」と注文をつけた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】在宅訪問の駐車許可緩和-緊急時申請負担も軽減
  • 【消費者庁】機能性表示食品で検討会-日薬から富永常務が参加
  • 【腎臓学会など調査】紅麹中止で大半回復-死亡例に既往歴あり
  • 【厚労省】後発品172社に自主点検実施-承認書と製造実態整合で
  • 【GE議連】薬価下支え策の恒久化問う-骨太方針へ提言検討