医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 【インフルエンザ流行レベルマップ第9週】定点当たり報告数は3週連続減少-感染研

【インフルエンザ流行レベルマップ第9週】定点当たり報告数は3週連続減少-感染研

読了時間:約 1分30秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年03月13日 AM10:10

直近5週間のウイルス検出状況はAH3亜型が96%

国立感染症研究所は3月10日、2023年第9週:2月27日~3月5日(3月8日現在)のインフルエンザ流行レベルマップと、それに対するコメントを、同研究所のウェブサイトに掲載した。


画像は感染研のウェブサイトより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

2023年第9週の定点当たり報告数は10.17(患者報告数5万235)となり、前週の定点当たり報告数11.32(患者報告数5万5,873)よりも減少した。都道府県別では石川県(33.77)、(33.37)、(26.25)、福井県(23.46)、佐賀県(16.08)、青森県(15.19)、大分県(15.03)、福岡県(14.54)、京都府(14.28)、滋賀県(14.18)の順となった。17都道府県では前週の報告数よりも増加し、30都道府県では前週の報告数よりも減少した。

定点医療機関からの報告をもとに、この1週間に、定点医療機関以外の医療機関を含む全国の医療機関を受診した患者数を推計すると、約28.9万人(95%信頼区間:26.0~31.8万人)となり、前週の推計値(約31.9万人)よりも減少した。年齢別では、0~4歳が約4.5万人、5~9歳が約9.5万人、10~14歳が約5.9万人、15~19歳が約1.6万人、20代が約1.5万人、30代が約2.5万人、40代が約1.8万人、50代が約0.8万人、60代が約0.5万人、70歳以上が約0.4万人となった。また、2022年第36週以降これまでの累積の推計受診者数は約288.6万人となった。

全国の保健所管轄区域で、警報レベルを超えている区域は64か所で、注意報レベルを超えている区域は134か所であった。

基幹定点から報告された、インフルエンザによる入院患者数は208例であり、前週(218例)から減少した。40都道府県から入院患者の報告があり、年齢別では1歳未満(9例)、1~4歳(50例)、5~9歳(53例)、10代(16例)、20代(3例)、30代(6例)、40代(1例)、50代(3例)、60代(8例)、70代(20例)、80歳以上(39例)であった。

国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、直近5週間(2023年第5週~2023年第9週)ではAH3亜型が181件(96%)、AH1pdm09が6件(3%)、B型が2件(1%)の順であった。(QLifePro編集部)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 胎盤でエストロゲンが作られる仕組み解明-藤田医科大
  • 腎細胞がん全ゲノム解析、日本人患者7割に特有の変異シグネチャー発見-国がんほか
  • 日本人・成人の食事、場面の特性と栄養学的な質が関連-東大ほか
  • 血行再建術後の死亡率、下肢閉塞性動脈疾患は冠動脈疾患の約3倍-阪大ほか
  • 医学研究に対する評価指標、国内研究者はどのように捉えているか-NCGMほか