医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 8割が在庫選定基準変更-安定供給重視、出荷調整響く

8割が在庫選定基準変更-安定供給重視、出荷調整響く

読了時間:約 2分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年04月06日 AM10:45


■現場薬剤師から悲痛な声

相次ぐ医療用医薬品の出荷停止や調整を受け、薬局や病院の薬剤師ら医療従事者の約8割が在庫品目の選定基準を変更したことが、「」()の運営者が実施したアンケート調査で明らかになった。薬剤師などDSJPの利用者を対象に実施したもので、約半数が選定基準として安定供給を最も重視すると回答した。臨床現場からは、「出荷調整の影響で患者への説明が大変。現場は未曾有の混乱をしている」「いつもの患者に薬を用意できず他薬局を紹介したことが辛かった」など悲痛な声が上がっている。

3月末まで約2週間受け付けたアンケートに793人が応じた。回答者のうち薬局薬剤師は68.2%、病院薬剤師は10.7%を占め、薬剤師を中心に医療従事者が臨床現場の現況を回答した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬局機能検討会】休日・夜間に緊急対応拠点-「医師指示なし」の在宅で
  • 【日病薬調査】7割超が薬剤師確保計画-都道府県と病薬で意見交換
  • 日医・松本会長、薬価改革「しっかり注視」-創薬進展や医薬品供給
  • 【厚労省】国がOTC薬濫用防止対策-学校薬剤師・地区薬を活用
  • 【支払側が会見】確実な賃上げの検証必要-一層問われる薬局改革