医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 厚生労働省、軽症コロナ治療薬を初承認-入院患者に国が無償提供

厚生労働省、軽症コロナ治療薬を初承認-入院患者に国が無償提供

読了時間:約 2分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月21日 AM10:30

厚生労働省は19日、中外製薬の新型コロナウイルス治療薬「ロナプリーブ点滴静注セット300」「同セット1332」(一般名:)を特例承認した。新型コロナウイルス感染症の重症化リスク因子を持ち、酸素投与を要しない軽症・中等症I患者が投与対象となる。重症化リスクのある入院患者に投与し、国から患者に無償提供を行う。軽症患者向けには初の新型コロナ治療薬となり、重症化予防効果に期待がかかる。

■重症化予防に期待

薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は同日に同剤を審議し、特例承認しても差し支えないと結論付けた。同剤は新有効成分のカシリビマブ、イムデビマブの2種類の中和抗体を組み合わせた抗体カクテル療法で、「SARS-CoV-2による感染症」(新型コロナウイルス感染症)の治療を効能・効果とする。既に20日から入院施設のある医療機関への配送を開始した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 武田薬品、ペプチドリーム、中枢神経系でPDC創製へ-共同研究契約の枠組み拡大
  • 【予防接種・ワクチン分科会】40歳以上への接種を了承-AZワクチンが選択肢に
  • 【東京都】認定薬局制度の申請136件-「良い数字」と好感触示す
  • 【薬食調査会】症状消失4週間で献血可-コロナ感染者の制限期間
  • 政府、接種証明書の申請受付開始-7カ国で隔離期間短縮