医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 健康・医療戦略会議「医薬品開発協議会」、早期承認へ規制柔軟化を-ワクチン国産化めぐり議論

健康・医療戦略会議「医薬品開発協議会」、早期承認へ規制柔軟化を-ワクチン国産化めぐり議論

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月21日 AM10:45

政府の健康・「医薬品開発協議会」が16日に開かれ、新型コロナウイルス感染症ワクチンの国産化に向けた意見交換を行った。開発の早期段階で国が買い取り契約することや国家検定の迅速化、平時から新興感染症に備えた体制を省庁横断的に構築すべきなどの意見が上がった。

この日の協議会では、新型コロナウイルス感染症ワクチンの国産化に向けて必要な施策について、参考人から意見を聞いた。手代木功参考人(日本製薬団体連合会会長)は、「国産化の体制を構築しなければワクチンを確保できなくなる」とし、必要な原材料や資材の確保が課題と指摘。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【特許庁】中分子医薬で特許出願増-中国がトップの座確実に
  • 【厚労省】2億5000万回分を追加購入-コロナワクチン、3社から
  • 【日本薬剤師会】薬剤師など関与不可欠-2分の1ルールで意見
  • 【厚労省】開発中コロナ薬に補助金-「カモスタット」など7件
  • 【薬食審調査会】ワクチン接種者の献血、接種後48時間は不可