医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】ニザチジン、全品目で基準下回る-製販業者の分析結果公表

【厚労省】ニザチジン、全品目で基準下回る-製販業者の分析結果公表

読了時間:約 1分17秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月08日 AM10:30

厚生労働省は、H2受容体拮抗剤の「」中の発癌性物質N-ニトロソジメチルアミン(NDMA)の含有量について、製造販売業者による分析結果を公表した。全品目で暫定基準値(0.32‌ppm)を下回り、一部品目のロットでは暫定基準値を上回ったものの、自主回収され市場に流通していない。

NDMA含有量の分析を行った品目のうち、沢井製薬の「ニザチジンカプセル75mg『サワイ』」「同150mg『サワイ』」、東和薬品の「ニザチジンカプセル75mg『トーワ』」「同150mg『トーワ』」、ニプロESファーマの「ニザチジンカプセル75mg『タナベ』」「同150mg『タナベ』」、マイラン製薬の「ニザチジンカプセル75mg『ファイザー』」「同150mg『ファイザー』」、陽進堂の「ニザチジンカプセル75mg『YD』」「ニザチジン錠150mg『YD』」、ゼリア新薬の「アシノン錠150mg」「アシノンZ錠」「アシノンZ錠胃腸内服液」では、NDMAの含有量が暫定基準値である0.32‌ppmを下回ることが確認された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬食審調査会】ワクチン接種者の献血、接種後48時間は不可
  • 【厚労省】小林化工に業務改善命令-製造不正で12品目承認取消
  • 【厚科審合同部会】新たに接種後死亡4例-安全性、重大な懸念なし
  • 【厚労省懇談会】歯科医のワクチン接種了承-筋注研修など一定条件で
  • 【関西広域連合】薬剤師のワクチン接種要望-コロナ急拡大で緊急提言