医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > リアルタイムでデータ取得可能のCOPD薬専用吸入器開発へ-ノバルティス

リアルタイムでデータ取得可能のCOPD薬専用吸入器開発へ-ノバルティス

読了時間:約 1分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月22日 AM06:00

、テクノロジー・ソリューションを提供

スイスのノバルティスは1月19日、COPD治療薬の吸入器「ブリーズへラー(R)」の使用データをほぼリアルタイムで取得できるようにするため、クアルコム社と提携することを発表した。

ブリーズへラーとは、同社のCOPD治療薬である「オンブレス(R)」、「シーブリ(R)」、および最先端のLABA/LAMA治療薬である「ウルティブロ(R)」に用いられている専用吸入器。吸入抵抗が少ないため、気流制限の程度がさまざまな患者に適したデバイスであり、患者が薬剤を正しく吸入できたかどうかを「見る」「聞く」「感じる」ことで確認できるよう設計されている。

今回の提携分野は、ブリーズヘラーのデジタル・イノベーション。提携により、クアルコム社の子会社であるクアルコム・ライフ社が、次世代のブリーズへラーのコネクティビティのためのテクノロジー・ソリューションを提供する。

2019年に発売予定、服薬アドヒアランス向上に期待

次世代ブリーズへラーは、患者が吸入器の使用についての自分自身のデータにほぼリアルタイムでアクセスすることを可能にするもの。吸入器中に搭載された小型・使い捨て・低電力消費モジュールは、吸入器の使用状況、使用時間、ならびに患者と医師のための追加関連情報を検出・レポートすることができる。

また、このモジュールは、当該データを患者のスマートフォンとノバルティスのCOPDモバイルアプリケーションに送信する。このデータはクラウドに送られ、患者と医療担当者がCOPDの状態をモニターすることを可能にする。吸入器は組み立て不要であるため、患者の負担も少ないという。

吸入器の使用データがほぼリアルタイムでアクセス可能となることで、慢性疾患を患者自身が容易に自己管理できるようになり、服薬アドヒアランスの向上につながることが期待される。次世代ブリーズへラーは、2019年に発売する予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 新型コロナ由来のウイルスRNAを5分以内に検出する技術を開発-理研ほか
  • 子宮体がん、子宮鏡画像を用いたAI自動診断システムの開発に成功-東大病院ほか
  • 改良型「ヒト胃消化シミュレーター」開発、食品の消化挙動をリアルに模擬-農研機構ほか
  • 色素性乾皮症D群、開発した新規計算創薬法で治療薬候補発見-神戸大ほか
  • 糖尿病専門医レベルの方針決定が可能な人工知能システムを開発-新潟大ほか