医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > SJM 心腔内エコー用カテーテルを日本で上市

SJM 心腔内エコー用カテーテルを日本で上市

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月02日 PM02:50

カテーテルによる診断がより容易に

米ミネソタ州に本社を置き、「カーディアック・リズム・マネジメント」、「」、「心臓血管」、および「ニューロ・モジュレーション(神経系)」の4つの分野に強みを持つ医療機器メーカー、セント・ジュード・メディカルが9月30日、心腔内エコー用ViewFlexTM Xtra ICE カテーテルを日本で上市すると発表した。


画像はプレスリリースより

このカテーテルは同社の超音波画像診断装置と組み合わせることで、心臓の内部構造や血流方向など、患者の心臓構造をリアルタイムで視覚化することが可能になり、カテーテルによる診断がより容易になる、としている。

人間工学に基づくハンドルデザイン

大腿静脈の小さな切開部分から体内に挿入され、心臓へ誘導されるカテーテルは、その性能はもちろん、操作性と使用感も重要なポイントの1つだ。

片手でのカテーテル操作を可能にした四方向ディレクショナルチップ、そして安定したポジショニングを行える自動ロックステアリング機能を搭載したViewFlexTM Xtra ICE カテーテルについて同社では「人間工学に基づくハンドルデザインによりViewFlexTM Xtra ICEカテーテルの操作性が向上し、カテーテルの操作に従来ほど気を取られることなく、治療におけるワークフローを向上させることができます」としている。(

▼外部リンク
セント・ジュード・メディカル株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 子どもの喘鳴・ぜんそく、妊婦の喫煙/受動喫煙かに関わらずリスク増-富山大
  • 父親が育児行動を積極的に行うと、母親の心理的苦痛が低減する可能性-富山大
  • 急性白血病、GVHD発症による生存率改善が臍帯血移植のみで顕著-東大医科研ほか
  • 慢性腰痛患者の歩行時の体幹制御は日常生活環境に依存する-畿央大
  • 【IASR速報】ダニ媒介性発熱性感染症SFTS、関東地方初の症例報告-感染研