医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ファインデックス、医療機関の診療支援から在宅ケア、個人の健康管理支援まで幅広いラインナップのソリューションを出展

2017年07月10日 AM11:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — 株式会社ファインデックス(東証一部:3649  本社:東京  代表取締役:相原輝夫、以下ファインデックス)は、平成29年7月12日より開催されます国際モダンホスピタルショウ2017に出展いたします。

今年は、例年展示してきた診療情報統合ソリューションの各機能をさらに充実させ、院内の診療支援はもちろんのこと、院内の事務文書管理や診療データの利活用まで、幅広いラインナップで医療機関様の抱える様々なお悩みを解決いたします。

大規模病院の半数以上で利用され続けている大規模病院向けソリューションに加え、新たに中小規模病院向けに必要なソリューションをパッケージ化してリーズナブルに提供いたします。各科・部門ソリューションや院内全体で利用されるソリューションをファインデックスが一社で全て提供することで、システム導入に係る費用や手間を削減します。新たに月額利用サービスを開始する為、これからシステム導入を検討されている病院やシステム範囲の拡張を検討されている病院にとって、費用負担なくIT化を推進することが可能になります。

また、医療機関向けソリューションだけでなく、訪問看護向けソリューションやヘルスケアソリューションも展示いたします。既に病院からの早期退院と在宅への移行が推し進められていますが、在宅ケアの主業務を担う訪問看護をITソリューションが支援することで、サービスの質向上への貢献を目指します。また、スマートフォンやウェアラブルデバイスを利用して、手軽に個人の健康管理を支援することのできるソリューションも展示いたします。

是非この機会にファインデックスのソリューションをご覧ください。

出展製品一覧

■中小規模病院向けパッケージ

多くの大学病院、大規模病院で高度な診療を支援してきたソリューションをパッケージ化しリーズナブルにご提供いたします。PACS ※1 を含めた放射線ソリューションを始め、内視鏡・超音波検査部門や 眼科・耳鼻科・産婦人科などの診療科向けシステムや各科の画像管理、院内の文書管理、他院からの紹介データ管理を実現するソリューションをワンストップでご利用いただけます。

月額利用サービス

ハイレベルなソリューションを、初期費用なしの月額利用サービスとしてご利用いただくことができます。リース契約と異なり途中解約もできる為、IT化範囲の拡大が急務となっている医療機関様におすすめです。(対象規模等、詳細はブースにてお尋ね下さい。)

■事務部門向け 文書管理ソリューションDocuMaker Office

事務部門で取り扱う契約書や受発注依頼書など全ての書類をシステムで効率的に作成・管理することができます。システム運用と紙運用をうまく組み合わせて署名・捺印の必要な契約書も、書類の作成からスキャン取り込みによる電子化(e-文書法対応の原本管理も可能)、簿冊管理を行うことができます。ワークフロー機能を利用した備品発注などの依頼管理も行えます。

■訪問看護向け 在宅アセスメントシステム

定期的なアセスメントと客観的データに基づいた訪問看護計画書の立案をシステムが支援します。日本訪問看護財団の「財団方式」により幅広い視点からアセスメントを実施し、アセスメント結果に基づいた看護計画を立案することができます。蓄積されるデータを活用して評価を行うことで、よりよい看護計画の立案と実施へとつなげていくことができます。

■心電位計測機能付きウェアラブルデバイスCALM.

今までのスポーツ用ウェアラブルデバイスには無い心電位と加速度のリアルタイムデータを計測し、独自のAIアルゴリズムを用いて分析を行うことで、疲労度や睡眠の質、ストレス情報をユーザーに提供します。異常検知や睡眠分析により最適なトレーニング負荷や疲労回復の可視化することで、スポーツ愛好家からアスリートまで幅広いユーザーに有益な情報を提供します。
(連結子会社イーグルマトリックスコンサルティング株式会社

出展案内

出展エリア  医療情報システムゾーン
小間番号   A-103

※1 PACS:Picture Archiving and Communication Systemの略、医療用画像管理システム。
CR,CT,MRIといった画像撮影装置(モダリティ)から受信した画像データを保管、閲覧、管理する。

株式会社ファインデックスについて

ファインデックスは、医療システムのスペシャリストとして常に革新的なソリューションを創り出し、診療の効率化やデータ活用による研究や病院経営を支援してきました。ファインデックスの医療ソリューションは、全国の大学病院から診療所まで幅広い医療機関で利用されており、国立大学病院の70%以上、大規模病院の50%以上という高いシェアを獲得しています。医療以外の分野においても文書管理を中心とした業務効率化ソリューションを展開しており、AIを利用したデータ活用ビジネスにも取り組んでいます。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20170709005065/ja/

CONTACT

株式会社ファインデックス
事業戦略室 横田千明
089-947-3388
chiaki.yokota@findex.co.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • New CDISC Standard Empowers Smarter Research for Diabetic Kidney Disease
  • Dr. Reddy’s and CHD Bioscience Announce Global License and Commercialization Agreement for Phase III Clinical Trial Candidate for Mitigation of Surgical Site Infections
  • Dr. Reddy’s Q1 FY18 Financial Results
  • Cogstate Receives Positive FDA Notification Regarding Medical Device Regulatory Submission
  • ヤンセン、ダルナビルを基本とした初のHIV治療用シングルタブレットレジメンSYMTUZA™に対するCHMPの肯定的意見を取得