医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 鎌田医薬局長、相次ぐ後発品回収で苦言-「現場に影響、由々しきこと」

鎌田医薬局長、相次ぐ後発品回収で苦言-「現場に影響、由々しきこと」

読了時間:約 1分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月20日 AM10:20

厚生労働省医薬・生活衛生局の鎌田光明局長は17日の参議院厚生労働委員会で、後発品の回収事案が相次いでいる現状について「現場に大きな影響、迷惑をかけているのは由々しきこと」との認識を示した。本田顕子議員(自民党)の質問に対する答弁で、厚労省が後発品の品質問題に厳しい現状認識を持っていることが分かった。

後発品をめぐっては、最近では大手後発品メーカーの日医工が抗生物質製剤や鎮咳剤など複数の品目を対象に自主回収に踏み切るなど、回収事案が相次いでいる。鎌田氏は「製薬企業の不適切な医薬品の品質管理、製造管理が原因で回収が度々発生していること、特に最近は後発品メーカーで大きな事案が続いたことで現場に大きな影響、迷惑をかけていることは由々しきこと」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】18年度国民医療費は微増-改定影響も、例年並みに
  • 【エイズ学会学術集会】薬局薬剤師が長期療養支援-高齢化進むHIV感染者に
  • 【厚労省】薬剤師の配置時間見直しへ-年度内に一定の方向性
  • 【財政審】初年度に相応しい改定を-中間年、全品対象強調
  • 【流改懇】十分な価格交渉できず-コロナ影響、川下取引で