医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省調整会議】全ゲノムDB構築へ議論-解析方法など検討事項提示

【厚労省調整会議】全ゲノムDB構築へ議論-解析方法など検討事項提示

読了時間:約 1分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月30日 AM10:30

厚生労働省の「がん全ゲノム解析等連絡調整会議」は25日に初会合を開き、日本人の癌全ゲノム解析から研究や創薬に広く活用していく全ゲノムデータベースの構築に向けた議論を開始した。全ゲノム解析のデータ収集・解析方法など、創薬の産業利用を進めるために必要な事項を今年度をメドに取りまとめ、「がんに関する全ゲノム解析等の推進に関する部会」に報告する。報告内容は全ゲノム解析を推進する国の施策に生かす。

癌の全ゲノム解析は、一人ひとりの治療精度を向上させ、治療法のない患者に新たな治療を提供するなど個別化医療への貢献が期待されている。厚労省は昨年12月、ヒトの遺伝情報を網羅的に解析する全ゲノム解析について、癌と難病領域における数値目標などを示した「全ゲノム解析実行計画」をまとめ公表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 日本保険薬局協会、PCR陽性の薬局職員119人-コロナ感染影響を調査
  • 【日病薬】医薬品全体への信頼欠く-木平会長、小林化工の事案に危機感
  • 【厚科審部会】コロナを新型インフルに分類-入院拒否に罰則適用も
  • 【日病薬】タスクシフト先進事例を公開へ-全国的な実施に向け後押し
  • 【厚労省】医薬品金額は9.5兆円-埼玉県が生産トップ