医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > JAK阻害剤デルゴシチニブ軟膏、アトピー性皮膚炎の適応症で承認申請-JTと鳥居薬品

JAK阻害剤デルゴシチニブ軟膏、アトピー性皮膚炎の適応症で承認申請-JTと鳥居薬品

読了時間:約 53秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月04日 AM11:15

世界初となる外用JAK阻害剤

日本たばこ産業株式会社()および鳥居薬品株式会社は1月31日、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤「」(一般名:デルゴシチニブ)の軟膏剤について、アトピー性皮膚炎を適応症として、JTが日本国内における製造販売承認申請を行ったと発表した。

デルゴシチニブ軟膏は、細胞内の免疫活性化シグナル伝達に重要な役割を果たすJAKの働きを阻害し、免疫反応の過剰な活性化を抑制することで、自己免疫・アレルギー性疾患を改善することが期待される、世界初の外用JAK阻害剤。国内で実施した16歳以上のアトピー性皮膚炎患者を対象とした第3相臨床試験において、有効性の主要評価項目である投与開始日を基準とした最終評価時のmEASIスコアの変化率について、プラセボに対するデルゴシチニブ軟膏の優越性が確認されるとともに、長期投与時における安全性についても確認された。

2歳以上の小児アトピー性皮膚炎患者を対象にP3試験を実施中

デルゴシチニブ軟膏は、JTが創製し、2016年10月28日付けで鳥居薬品と日本国内における共同開発および販売に関する契約を締結し、共同で開発を進めてきた。国内製造販売承認取得後は、同契約に基づき、鳥居薬品が販売を行うという。

なお、デルゴシチニブ軟膏については現在、2歳以上の小児アトピー性皮膚炎患者を対象とした国内第3相臨床試験を実施している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 多発性骨髄腫の抗体薬エロツズマブ、新たな作用メカニズムを発見-自治医科大
  • ダプロデュスタット、腎性貧血治療薬として世界で初めて日本で承認申請-GSK
  • オノアクト、敗血症に伴う頻脈性不整脈に関わる一部変更承認を申請-小野薬品
  • 血友病Bに対する遺伝子治療用製品の研究開発を開始-田辺三菱と自治医科大
  • イミフィンジ、小細胞肺がんの治療薬としてFDAよりODD指定−AZ