医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 小野薬品の「オプジーボ点滴静注」 根治切除不能な悪性黒色腫を適応とした製造販売承認を取得

小野薬品の「オプジーボ点滴静注」 根治切除不能な悪性黒色腫を適応とした製造販売承認を取得

読了時間:約 1分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月10日 PM05:00

新規治療薬の開発・承認が待たれていた悪性黒色腫

小野薬品工業株式会社は7月4日、ヒト型抗ヒトPD-1(R)点滴静注20mg、100mg(一般名:ニボルマブ(遺伝子組換え))」について、根治切除不能な悪性黒色腫を適応とする製造販売承認を取得したと発表した。


画像はwikiメディアより引用

外科手術による切除が不能な悪性黒色腫患者の予後は極めて悪く、かつこれまでそれを有意に改善する薬剤療法が存在しなかったことから、新規治療薬の開発・承認が待たれていた。

PD-1標的薬として世界初の承認取得

オプジーボは、2005年5月に小野薬品と米メダレックス社が締結した共同研究契約に基づき創製されたヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体。メダレックス社はその後2009年にブリストル・マイヤーズスクイブ(BMY社)に買収され、同抗体の北米における開発・商業化権はBMY社に継承されている。小野薬品は、2011年9月にBMY社と戦略的ライセンス契約を締結し、オプジーボについて北米以外の地域のうち、日本・韓国・台湾における開発・商業化権を留保し、それ以外の全世界における独占的開発・商業化権をBMY社に供与した。

リンパ球表面にある受容体の一種であるPD-1は、生体において活性化したリンパ球を抑制するシステムに関与していることが知られている。がん細胞は、このシステムを利用して免疫反応から逃れていると考えられており、オプジーボはこのリンパ球を抑制するPD-1の働きを抑制することで、免疫反応を亢進させ、腫瘍に対する有効性を発揮するという。今回の承認により、オプジーボはPD-1を標的とする治療薬として、世界で初めて製造販売承認を取得した薬剤となった。

なお、国内での治験症例が極めて限られていることから、承認条件に従い、製造販売後、一定数の症例に係るデータが集積されるまでは、全症例での使用成績調査を実施し、安全性および有効性に関する臨床データを収集、小野薬品が同剤の適正使用に必要な措置を講じていくとしている。(紫音 裕)

▼外部リンク
小野薬品工業株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 抗NGF抗体Fasinumab、変形性関節症対象のP2/3試験を開始-田辺三菱
  • 抗凝固療法モニタリングのPT測定試薬「レボヘム PT」を発売-シスメックス
  • コバスEGFR変異検出キットv2.0の血漿検査、一部変更承認取得-ロシュ・ダイアグノスティックス
  • オプジーボ・ヤーボイの併用療法、腎細胞がん対象のP3試験で奏効率を達成-米BMS
  • 抗がん剤FF-10101、再発・難治性の急性骨髄性白血病対象のP1試験を米国で開始-富士フイルム