医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > グラクソ・スミスクライン パキシル錠のPTSDに対する承認を取得

グラクソ・スミスクライン パキシル錠のPTSDに対する承認を取得

読了時間:約 55秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月04日 PM08:33

110ヶ国で承認取得

グラクソ・スミスクライン株式会社は11月22日、抗うつ薬「(R)錠5mg/10mg/20mg」について、外傷後ストレス障害(PTSD)に対する効能・効果の承認を取得したと発表した。

(この画像はイメージです)

パキシル錠は、うつ病やうつ状態に加え多くの不安障害に適応する、選択的セロトニン再取り込み阻害剤。うつ病の治療薬としてイギリスで1990年に承認を取得し、それ以降110ヶ国以上で承認されている。

日本においては2000年11月にうつ病・うつ状態、パニック障害の適応症で販売が開始され、2006年1月には強迫性障害、2009年10月には社会不安障害の適応承認を取得した。

PTSDの適応承認取得は60ヶ国以上

今回の承認申請は、公知申請制度により進められたもの。2011年3月の東日本大震災後にPTSD治療薬の必要性が注目され、日本トラウマティック・ストレス学会と日本不安障害学会により、厚生労働省とグラクソ・スミスクラインにPTSD治療薬の早期承認・保険適応を求める要望書が提出された。

グラクソ・スミスクラインは、欧米においてすでにPTSDの適応承認を取得していたパキシル錠について適応追加申請の手続きを行い、承認を取得。パキシル錠のPTSDの適応は、2012年10月時点で、60ヶ国以上で承認されている。(小林 周)

▼外部リンク

グラクソ・スミスクライン株式会社 ニュースリリース
http://glaxosmithkline.co.jp/press/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 医薬品の副作用を引き起こす受容体分子「GPCR」の構造変化を解明-AMED
  • オプジーボ/ヤーボイ併用療法、根治切除不能または転移性の腎細胞がんで追加承認申請-小野薬品とBMS
  • キイトルーダ、III期高リスク悪性黒色腫の術後補助療法でRFSを有意に改善-米メルク
  • レパーサ皮下注420mgオートミニドーザーを発売-アステラス・アムジェンら
  • JAK阻害剤JTE-052軟膏、mEASIスコア変化率でプラセボに優越性-JTと鳥居薬品