医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 日本初!認知機能をパソコンで数値化し管理可能に

日本初!認知機能をパソコンで数値化し管理可能に

読了時間:約 1分15秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年07月23日 PM07:00
ただ今無料サービス中

日本の経済成長に貢献した人々も高齢になり、いろいろな身体の不調も出てくる年齢になってきている現代、特に認知症が大きな社会問題となっている。

株式会社シグナルトーク(以下、シグナルトーク)は、Webサービス「脳測(のうそく)」を、7月12日に開始した。高齢者にゲームなどの楽しみを提供し、認知症の予防やリハビリにつながるサービスが提供できれば社会貢献ができるという想いからスタートした。

(@Press/株式会社シグナルトークプレスリリースより)

サービス開始記念(公開テスト期間)限定サービスとして、8月14日まで無料で測定が受けられる。

「脳測」の特長

認知機能低下の早期発見を促すため次の特長があり、早期に医療機関を受診、治療を行うきっかけを提供する。

「“認知機能”をパソコンで簡単にチェック、数値化できる」「“認知機能”の推移をオンラインで確認」「“認知機能”の測定につき実効性が証明されたテストを使用」。

また、「脳測」では、4つのテストによる認知機能チェックができる。認知機能障害の背景に「注意力」「エピソード記憶」「遂行機能」「ワーキングメモリ(作業記憶)」などの低下が原因しているのでそれぞれに対応している。

「脳測」のサービスは、一般に脳機能をトレーニングすると称して展開されているカジュアルなゲームとは、その目的も機能も一線を画するものである。学術的背景(エビデンス)詳細はプレスリリース参照。

「脳測」は、医者・研究者・医療機関の関係者からの認知症に関連する情報やニュースの提供、コラムなどへの協力、各種提案などを募集している。

▼外部リンク

「脳測」
https://www.nosoku.jp/member

株式会社シグナルトーク

http://www.signaltalk.com/press/20120712.html

@Press/株式会社シグナルトークプレスリリース

http://www.atpress.ne.jp/view/28610

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • フィリップス、「No.1ヘルステックカンパニー」目指し組織再編や提携を加速
  • AI搭載の内視鏡画像診断支援ソフトウェアが承認取得-昭和大ら
  • 手動接続の腹膜透析液交換システムにカチットタイプとウイングタイプを追加-テルモ
  • ADHDの脳構造の特徴をAIで解明、遺伝子多型の影響を発見-JSTら
  • 急性膵炎の局所合併症治療専用システム「Hot AXIOSシステム」を発売-ボストン・サイエンティフィック