医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 最近多いロタウイルス感染症のワクチン発売

最近多いロタウイルス感染症のワクチン発売

読了時間:約 46秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年07月16日 PM12:00

冬に発症するノロウイルスに次いで、近年多くなってきたロタウイルス感染症。特に乳幼児では重篤になりやすく入院するケースも多い。感染力が非常に強く、10個以下のウイルスで感染する。汚染されたドアノブや手すりを触って感染することもあるほどである。潜伏期間は24~72時間(1~3日)、下痢症状は3~9 日継続する。現在抗ウイルス剤は存在しないので、発症すれば対処療法を実施するしかない。

ワクチン発売

MSDはロタウイルスワクチン「ロタテック®内用液」(以下「ロタテック®」)を20日に発売する。

ロタウイルスには複数の血清型があるといわれている。ロタテック®は、G1、G2、G3、G4およびP1A[8]型の5つの血清型のロタウイルス株を含む5価のワクチンであり、G1P[8]、G2P[4]、G3P[8]、G4P[8]およびG9P[8]に起因するロタウイルス胃腸炎に対して予防効果がある。世界中で約70万人が死亡しているといわれているロタウイルス感染症にとって有効な予防方法のひとつとなると思われる。

▼外部リンク

MSD ニュースルーム2012年7月13日
http://www.msd.co.jp/newsroom/Pages/product_news_0713.aspx

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • サトラリズマブ、視神経脊髄炎およびその関連疾患で希少疾病用医薬品指定-中外製薬
  • NNRTIドラビリン、HIV-1治療薬として日本で承認申請-MSD
  • サトラリズマブ、視神経脊髄炎スペクトラム対象P3試験で再発リスク55%減少-中外製薬
  • アニフロルマブ、SLE患者を対象としたP3試験で主要評価項目達成-AZ
  • 国内初の遺伝子治療用製品「コラテジェン」、重症虚血肢を対象に発売-田辺三菱