医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【安全対策調査会】重篤な腎障害などを削除-アセトアミノフェンの禁忌

【安全対策調査会】重篤な腎障害などを削除-アセトアミノフェンの禁忌

読了時間:約 1分51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年07月28日 AM10:36

薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は25日、医療用アセトアミノフェン製剤について、重篤な腎障害患者など5集団を添付文書の「禁忌」の項目から外すことを了承した。具体的な添付文書改訂案については「曖昧な記載がある」などとして、厚生労働省が情報収集した上で、改めて改訂案を審議する。

解熱・鎮痛等を効能・効果とするアセトアミノフェン製剤は、禁忌として、▽消化性潰瘍▽重篤な血液異常▽重篤な肝障害▽重篤な腎障害▽重篤な心機能不全▽同剤の成分に対して過敏症の既往歴がある▽アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤による喘息発作の誘発)またはその既往歴がある――に当たる患者を対象としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ
  • 【東京理科大学】品質文化醸成度を定量評価-経営と現場のギャップ分析
  • 【中医協総会】24年度改定調査を了承-後発品やリフィルなど
  • 【骨太方針原案】中間年改定は「あり方検討」-後発品業界の再編を促す
  • 【市民団体が調査】緊急避妊薬購入は15%のみ-希望価格は「2000円未満」