医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【GE・BS学会】後発品の新数量目標廃止を-安定供給推進企業に加算

【GE・BS学会】後発品の新数量目標廃止を-安定供給推進企業に加算

読了時間:約 2分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年04月14日 AM10:20

日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会は、後発品の供給不安が続いている状況を踏まえ、後発品の使用促進に向けた新たな数量シェア廃止や都道府県別フォーミュラリ導入などを求める提言をまとめた。後発品数量シェア目標は現行の「2023年度末までに全ての都道府県で80%以上」という目標を維持するにとどめ、新たな目標を置かないことが望ましいとした。後発品調剤体制加算など診療・調剤報酬上のインセンティブを廃止し、次期診療報酬改定では品質管理・製造管理と安定供給に取り組んでいる企業等を評価する加算制度の創設を求めた。

同学会は今回、▽後発品の使用促進の数量目標の廃止と品質・安定供給策への転換▽薬価差のさらなる解消▽流通改善ガイドラインの遵守▽バイオシミラーのさらなる普及▽都道府県別フォーミュラリの導入――の五つの提言を行った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【腎臓学会など調査】紅麹中止で大半回復-死亡例に既往歴あり
  • 【厚労省】後発品172社に自主点検実施-承認書と製造実態整合で
  • 【GE議連】薬価下支え策の恒久化問う-骨太方針へ提言検討
  • 【厚労省】自主点検で該当企業なし-紅麹原料入手の173社
  • 【厚労省】医療機関受診者1058人に-小林の紅麹関連製品