医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 京都大学iPS細胞研究所研究グループ、ラロキシフェンなど効果-抗コロナウイルス作用示す

京都大学iPS細胞研究所研究グループ、ラロキシフェンなど効果-抗コロナウイルス作用示す

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月09日 AM10:10

京都大学iPS細胞研究所などの研究グループは6日、ヒトiPS細胞などを用いて新型コロナウイルスに対する既存薬の抗ウイルス作用を確認したところ、閉経後骨粗鬆症治療剤の「」など2品目で効果が確認されたと発表した。同剤では、コロナウイルスが宿主細胞に侵入することを妨げる役割を果たしていることが分かった。研究成果は、7日付の欧科学誌に掲載された。

、インフルエンザウイルス、エボラ出血熱などRNAウイルスは、世界的、局所的な大流行を引き起こし、繰り返し出現するものが多い。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【特許庁】中分子医薬で特許出願増-中国がトップの座確実に
  • 【厚労省】2億5000万回分を追加購入-コロナワクチン、3社から
  • 【日本薬剤師会】薬剤師など関与不可欠-2分の1ルールで意見
  • 【厚労省】開発中コロナ薬に補助金-「カモスタット」など7件
  • 【薬食審調査会】ワクチン接種者の献血、接種後48時間は不可