医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 中間年改定「全品で実施を」-調整幅2%見直しも要求 財務省・財政制度等審議会

中間年改定「全品で実施を」-調整幅2%見直しも要求 財務省・財政制度等審議会

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月12日 AM11:00

財務省は、8日の財政制度等審議会財政制度分科会に、来年度予算編成に向けた社会保障改革の考え方を示した。その中で薬価制度に言及。2021年度薬価改定を予定通り実施すべきとしたほか、薬価と市場実勢価格の乖離率が相対的に小さい先発品も来年度改定の対象にし、全品改定を視野に入れるよう提言。市場実勢価格の加重平均値に上乗せする調整幅一律2%についても見直しを求めた。

この日の分科会で財務省は、新型コロナウイルス感染拡大による現場の負担増を踏まえ、医療団体を中心に反対意見が出ている21年度薬価改定について、「国民負担軽減等の観点から、毎年薬価改定の初年度に相応しい改定を実現させる必要がある」と実施を求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】製販業者の要件厳格化へ-林経済課長「後発品共同開発を見直し」
  • 【日薬】薬剤師職能に期待と評価-山本会長、骨太方針の決定で声明
  • 政府、かかりつけ薬剤師普及追記-骨太方針を閣議決定
  • 低調なオンライン服薬指導-経験薬局、4割にとどまる
  • アステラス製薬、オンラインMRを開始-5製品対象に情報提供