医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 本庶氏が小野薬品を提訴へ-「オプジーボ」特許料支払い求め

本庶氏が小野薬品を提訴へ-「オプジーボ」特許料支払い求め

読了時間:約 1分54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月10日 AM10:30

京都大学の本庶佑特別教授は、」の特許収入配分をめぐって、小野薬品を今月中旬頃に提訴する考えを明らかにした。小野薬品がメルクからブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)を経由して得た金銭の約40%に相当する226億2333万円と、遅延損害金の支払いを求める。

本庶氏は、同効薬「」を販売するメルクから小野薬品とBMSが得たライセンス収入とロイヤリティ収入の配分が説明された内容と異なるとして、差額分の支払いを求めて提訴する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】製販業者の要件厳格化へ-林経済課長「後発品共同開発を見直し」
  • 【日薬】薬剤師職能に期待と評価-山本会長、骨太方針の決定で声明
  • 政府、かかりつけ薬剤師普及追記-骨太方針を閣議決定
  • 低調なオンライン服薬指導-経験薬局、4割にとどまる
  • アステラス製薬、オンラインMRを開始-5製品対象に情報提供