医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【大日本住友製薬/日本ジェネリック】メトホルミンを自主回収-PTP包装品からNDMA

【大日本住友製薬/日本ジェネリック】メトホルミンを自主回収-PTP包装品からNDMA

読了時間:約 1分38秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月01日 AM10:30

大日本住友製薬と日本ジェネリックは4月27日、2型糖尿病治療薬「メトホルミン塩酸塩」の自主回収(クラスI)を開始した。昨年12月に厚生労働省がメトホルミン塩酸塩を製造販売する企業に対し、製剤と原薬について発癌性物質「N-ニトロソジメチルアミン」(NDMA)の分析を指示していたが、両社が販売するPTP包装品の複数ロットから管理指標を超えるNDMAが検出された。国内外で重篤な健康被害が発生したとの報告はないという。

メトホルミンをめぐっては、昨年12月に海外でメトホルミン含有製剤からNDMAが検出されたことに伴い、一部の事業者が自主回収を開始。欧州EMAや米FDAからもメトホルミンの使用に関する注意喚起が行われ、厚生労働省が昨年12月9日付の事務連絡で、メトホルミンを含有する有効期限内の製剤と原薬について製薬企業15社にNDMAの分析を指示していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省・水谷産情課長】後発品企業間の連携促す-独禁法抵触判断で事例集
  • 【緩和医療薬学会年会】在宅緩和24時間対応に壁-対応可能薬局リスト化を
  • 【要指導・一般薬部会】マイティアルミファイ、点眼薬を要指導薬に
  • 【機能性検討会が報告書】健康被害情報を報告義務-サプリメントはGMP管理
  • 【財政審が建議】費用対評価拡大を要求-セルフMの推進も明記