医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 諮問会議・新浪氏、毎年改定「全ての薬は厳しい」-流通への負担に配慮必要

諮問会議・新浪氏、毎年改定「全ての薬は厳しい」-流通への負担に配慮必要

読了時間:約 1分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月05日 AM10:15

政府の経済財政諮問会議で民間議員を務める新浪剛史氏(サントリーホールディングス社長)は1日、都内で講演し、年内に基本方針をまとめる方向の薬価制度の抜本改革に言及。その中で、製薬業界が強く反対する毎年薬価改定について、「全ての薬でやるのは大変厳しい。流通に大きな負担を与えることは得策でなく、こうした部分に配慮しながら考えていかなければならない」との認識を示した。

新浪氏らは、11月25日の諮問会議で、薬価制度の抜本改革を提言。安倍晋三首相が年内に政府基本方針をまとめるよう指示したことを受け、中央社会保険医療協議会でも議論がスタートした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【住友ファーマ】27年度売上100億円目指す-再生・細胞医薬事業
  • 【有識者検討会】インフレ下の薬価検討を-物価上昇率反映が必要
  • 【厚労省】販売名変更申請と同様に-特例承認コロナ薬の通常承認
  • 【千葉県薬】来年度プロバイダー申請へ-薬剤師研修で独自色発揮
  • 【厚労省が調査】地域薬、組織率が課題に-「7割未満」が1割強