医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【G7保健大臣会合】AMR対策などで共同声明-国際臨床研究ネット検討を

【G7保健大臣会合】AMR対策などで共同声明-国際臨床研究ネット検討を

読了時間:約 1分31秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月16日 PM02:00

政府は12日、日本や欧米などG7の保健担当閣僚が世界規模の保健課題の対策を話し合う「」の日程を終え、(AMR)対策の国際協力や課題解決に向けた研究の推進、感染症等の公衆衛生危機に対応した枠組み強化などを盛り込んだ共同声明を採択した。

共同声明では、AMR対策に関して、各国が行動計画を実行して進捗させるほか、WHOのAMR世界行動計画の完全履行に向け、協調して支援を行うことを改めて表明。また、国際的なAMR監視システムを相互に推奨すると共に、他国にも参加を呼びかけ、発展途上国には抗菌薬の使用とAMRのモニタリング・監視のためにラボ能力強化の支援を検討する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ
  • 【東京理科大学】品質文化醸成度を定量評価-経営と現場のギャップ分析
  • 【中医協総会】24年度改定調査を了承-後発品やリフィルなど
  • 【骨太方針原案】中間年改定は「あり方検討」-後発品業界の再編を促す
  • 【市民団体が調査】緊急避妊薬購入は15%のみ-希望価格は「2000円未満」