医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 世界知的所有権機関が主催する「WIPOリサーチコンソーシアム」へ加盟-武田薬品

世界知的所有権機関が主催する「WIPOリサーチコンソーシアム」へ加盟-武田薬品

読了時間:約 1分5秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月16日 PM12:00

WIPOとBVGHによって共同設立されたWIPO Re:Search

武田薬品工業株式会社は9月14日、世界知的所有権機関(WIPO)が主催する顧みられない熱帯病(NTD)、、結核の治療薬・・診断薬の研究開発を促進させるための共同事業体である「WIPOリサーチコンソーシアム」(WIPO Re:Search)に加盟したと発表した。

WIPO Re:Searchは、製薬企業や世界各国の著名な公的研究機関の参加のもと、2011年にWIPOとBIO Ventures for Global Health(BVGH)によって共同で設立されたもの。

メンバーである大手製薬企業や米国国立衛生研究所(NIH)などの公的組織から無償提供される化合物、専門知識、ノウハウといった知的財産に関するアセットやリソースをWIPO管理下のデータベースに集め、治療薬・ワクチン・診断薬の研究開発を行う適格な研究機関・非営利研究者による利用を可能にすることで、革新的な治療薬等の研究開発を促進することを目的としている。

新興国や開発途上国における医薬品アクセスの改善を

今回の加盟は、同社が新興国や開発途上国など世界中の人々に対する医薬品アクセスの改善に取り組んでおり、その取り組みの一環。同社は、WIPO Re:Searchおよび公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金( Fund)など多くの医薬品アクセスに対する取り組みを通じ、今後も世界の保健医療問題の解決に貢献していくとしている。

同社がWIPO Re:Searchへ提供する具体的なアセットや、支援内容については、今後、同団体のニーズを踏まえながら、BVGHとともに評価し決定していくとしている。

▼関連リンク
武田薬品工業株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ALSに対するCML薬ボスチニブ治療、P2試験で主要評価項目達成-CiRAほか
  • タグリッソ、切除不能・ステージIIIのEGFR陽性肺がんに対しPFSを有意に改善-英AZ
  • イミフィンジ、P3試験で「限局型小細胞肺がん」の死亡リスクを27%改善-英AZ
  • GNEミオパチー治療薬アセノベル、長期投与の安全性と有効性を確認-東北大ほか
  • アレセンサ、ALK陽性早期NSCLC術後補助療法として米FDAに続き欧州も承認-中外