医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > COPDに関する2つの医薬品の承認申請をFDAが受理-そーせい

COPDに関する2つの医薬品の承認申請をFDAが受理-そーせい

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月10日 PM02:31

米ノバルティス社へ導出したCOPD治療薬

そーせいグループ株式会社は3月6日、同社が米ノバルティス社へ導出しているNVA237(一般名:グリコピロニウム臭化物)とNVA237を含有するQVA149(一般名:グリコピロニウム臭化物/インダカテロールマレイン酸塩)について、導出先のノバルティス社が2014年第4四半期に米国食品医薬品局()に提出した承認申請が受理されたと発表した。

1日2回吸入のNVA237の用法・用量は、米国のみで承認申請されている。米国以外でNVA237は、「シーブリ(R)」「ブリーズヘラー(R)」(グリコピロニウム臭化物50μg)の製品名で、成人のCOPD諸症状を緩和する1日1回吸入の維持療法として開発および販売されている。シーブリは既に欧州、日本、南米、カナダ、スイス、オーストラリア等を含む70か国以上において承認されている。

1日2回の吸引は米国のみで承認申請

また、QVA149も同様に1日2回吸引の薬剤で、米国のみで承認申請されている。米国以外では、「(R)」「ブリーズヘラー(R)」(グリコピロニウム臭化物50μg/インダカテロールマレイン酸塩110μg)の製品名で、成人のCOPD諸症状を緩和する1日1回吸入の維持療法として開発および販売中で、日本をはじめとする50か国で承認されている。

そーせいグループは、ベクチュラ社と共同で2005年4月にグリコピロニウム臭化物の全世界の独占的開発・販売権をノバルティス社に導出していた。今回の承認を機に、そーせいグループは、NVA237およびQVA149のマイルストンとして、それぞれ7.5百万ドル、12.5百万ドルを計上するとしている。

▼外部リンク
そーせいグループ株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • リスジプラム、I型SMA対象P2/3試験で継続的な運動機能・生存率の改善-ロシュ
  • エドルミズ、悪性腫瘍におけるがん悪液質の治療薬として発売-小野薬品
  • 服部氏「パーキンソン病の重要なカギは腸内細菌」日本メドトロニック社セミナーで発言
  • COVID-19治療薬の使用「重症化する前が最適」 ギリアド社セミナーで三鴨氏
  • トミネルセン、顕性ハンチントン病対象P3試験で投与中止を決定-ロシュ