医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > バイオメット・ジャパン ビタミンEにより耐久性が向上した人工骨頭用バイポーラカップを発売

バイオメット・ジャパン ビタミンEにより耐久性が向上した人工骨頭用バイポーラカップを発売

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月27日 PM05:15

優れた抗酸化性と耐久性を備えるバイポーラカップ

バイオメット・ジャパン株式会社は、日本の高齢化社会に適した耐久性向上の人工骨頭用バイポーラカップ「E1リングロックバイポーラ」を、4月14日より発売したことを発表した。


画像はプレスリリースより

同製品は、大腿骨頚部骨折の人工骨頭挿入術治療に用いられるバイポーラカップ(二重の摺動面を持つカップ)のポリエチレン製ライナーに、ビタミンEを浸漬/浸透させたもの。

抗酸化作用を持つビタミンEを浸漬/浸透させることにより、摺動面に用いられるポリエチレンの酸化を抑制し、摩耗や破損を予防することを可能にしたという。

高齢化に伴う大腿骨頸部骨折の増加と、人工骨頭の需要拡大

同製品に採用された「E1」技術は、マサチューセッツ・ジェネラル・ホスピタルが開発し、バイオメット社との協力により製品化に成功したもの。ポリエチレンを一定の条件下でビタミンE溶液に浸すことにより、ビタミンEをポリエチレン内部まで均一に浸透させることが可能になったという。また、同技術では、ポリエチレンが架橋結合(クロスリンク)した後、ビタミンEを浸透させるため、ビタミンEが架橋結合を阻害することはないとしている。

同製品の発売により、バイポーラカップの長期耐用性が向上したことで、高齢化に伴う介護予防・高齢者の生活の質向上に、より安心して人工骨頭挿入術を選択できるようになることが期待される。(伊藤海)

▼外部リンク
バイオメット・ジャパン株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 国産手術支援ロボット「hinotori」による遠隔模擬手術を実施-藤田医科大
  • 脳腫瘍識別に有用な、局所投与型の術中蛍光プローブを開発-東大
  • 新型コロナ由来のウイルスRNAを5分以内に検出する技術を開発-理研ほか
  • 子宮体がん、子宮鏡画像を用いたAI自動診断システムの開発に成功-東大病院ほか
  • 改良型「ヒト胃消化シミュレーター」開発、食品の消化挙動をリアルに模擬-農研機構ほか