医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 【インフル流行レベルマップ2023年第2週】警報レベル超えの保健所地域は7か所-感染研

【インフル流行レベルマップ2023年第2週】警報レベル超えの保健所地域は7か所-感染研

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年01月24日 AM10:06

2022年第36週以降の累積推計受診者数は約60.7万人

国立感染症研究所は1月20日、2023年第2週:1月9日~1月15日(1月18日現在)のインフルエンザ流行レベルマップと、それに対するコメントを、同研究所のウェブサイトに掲載した。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

2023年第2週の定点当たり報告数は7.37(患者報告数3万6,388)となり、前週の定点当たり報告数4.73(患者報告数2万3,139)よりも増加した。都道府県別では沖縄県(33.23)、福岡県(16.96)、宮崎県(16.63)、佐賀県(15.79)、長崎県(14.74)、鹿児島県(13.57)、大阪府(12.22)、愛媛県(10.25)、京都府(9.60)、香川県(9.38)の順となっている。44都道府県で前週の報告数よりも増加がみられた。3都道府県で前週の報告数よりも減少がみられた。

定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約25.7万人(95%信頼区間:23.4~28.0万人)となり、前週の推計値(約18.2万人)よりも増加した。年齢別では、0~4歳が約3.0万人、5~9歳が約4.7万人、10~14歳が約3.3万人、15~19歳が約3.8万人、20代が約4.8万人、30代が約2.0万人、40代が約1.7万人、50代が約1.2万人、60代が約0.6万人、70歳以上が約0.6万人となっている。また、2022年第36週以降これまでの累積の推計受診者数は約60.7万人となった。

全国の保健所地域で、警報レベルを超えている保健所地域は7か所で、注意報レベルを超えている保健所地域は111か所であった。

基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は182例であり、前週(166例)から増加した。40都道府県から報告があり、年齢別では1歳未満(14例)、1~4歳(27例)、5~9歳(26例)、10代(23例)、20代(8例)、30代(2例)、40代(4例)、50代(12例)、60代(10例)、70代(12例)、80歳以上(44例)であった。

国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、直近の5週間(2022年第50週~2023年第2週)では、AH3亜型が51件(100%)であった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 神経性やせ症、マインドフルネス瞑想により脳活動が変化し不安スコア低下-京大
  • 商用5G通信を活用し遠隔地からロボット手術を支援する実証実験に成功-神戸大ほか
  • 新型コロナ流行下でのインフル激減にマスク使用など関連、国別で疫学的に示す-東北大
  • とろみ付き炭酸飲料の「炭酸」に、嚥下改善効果があると判明-東京医歯大ほか
  • 乳がんによって肝臓の空間的な遺伝子発現制御がかく乱されることを発見-京大ほか