医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 【インフルエンザ流行レベルマップ第48週】全47都道府県で前週報告数より増加-感染研

【インフルエンザ流行レベルマップ第48週】全47都道府県で前週報告数より増加-感染研

読了時間:約 1分31秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月06日 PM06:45

北海道と福島の計4か所で警報レベル超え

国立感染症研究所は12月6日、2019年第48週:11月25日~12月1日(12月4日現在)のインフルエンザ流行レベルマップと、それに対するコメントを、同研究所のウェブサイトに掲載した。


画像は感染研のウェブサイトより

2019年第48週の定点当たり報告数は5.52(患者報告数2万7,393)となり前週の定点当たり報告数3.11より増加した。都道府県別では北海道(16.76)、青森県(15.48)、石川県(10.52)、富山県(10.42)、宮城県(9.23)の順となっている。全47都道府県で前週の定点当たり報告数より増加がみられた。

定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約18.4万人(95%信頼区間16.4~20.4万人)となり、前週の推計値(約10.6万人)より増加。年齢別では、0~4歳が約2.3万人、5~9歳が約6.0万人、10~14歳が約3.5万人、15~19歳が約0.7万人、20代が約0.8万人、30代が約1.4万人、40代が約1.8万人、50代が約0.9万人、60代が約0.6万人、70代以上が約0.4万人となっている。また、2019年第36週以降これまでの累積の推計受診者数は約64.9万人となった。なお、第36週から第46週までの推計受診者数は、週ごとに順に、約2.1万人、約3.7万人、約3.1万人、約2.8万人、約3.2万人、約3.0万人、約2.3万人、約2.6万人、約3.3万人、約3.5万人、約6.3万人だった。

・注意報は、地域を管轄する保健所単位で発生する仕組みになっている。全国で警報レベルを超えている保健所地域は北海道3か所と福島県1か所の計4か所、注意報レベルを超えている保健所地域は1都1道1府20県の70か所だった。

基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は306例で、前週(160例)より増加。43都道府県から報告があり、年齢別では0歳(15例)、1~9歳(137例)、10代(28例)、20代(7例)、30代(6例)、40代(9例)、50代(10例)、60代(20例)、70代(30例)、80歳以上(44例)だった。

国内のインフルエンザウイルスの検出状況は、直近の5週間(2019年第44~48週)ではAH1pdm09(94%)、AH3亜型(5%)、B型(2%)の順だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 子宮頸がん、HPVワクチン積極的勧奨中止で死亡者1万人超の予想-北大ほか
  • オピオイドδ受容体作動薬で、不安・恐怖記憶が消去されやすくなると判明-東京理科大
  • 体内時計の持続的なかく乱で免疫老化が促進し慢性炎症が増進-京都府医大ほか
  • 腫瘍摘出手術で、検出が難しい血管を感知するグリッパー開発-金沢大
  • 木材・木質の内装や家具が多い寝室では不眠症の疑いのある人が少ないと判明-森林総研ほか