医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 【インフル流行マップ44週】報告数は増加、沖縄で警報、鹿児島で注意報-感染研

【インフル流行マップ44週】報告数は増加、沖縄で警報、鹿児島で注意報-感染研

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月08日 PM03:15

警報越えは沖縄の八重山地域、注意報越えは鹿児島の川薩地域

国立感染症研究所は11月8日、2019年第44週:10月28日~11月3日(11月6日現在)のインフルエンザ流行レベルマップと、それに対するコメントを、同研究所のウェブサイトに掲載した。


画像は感染研のウェブサイトより

2019年第45週の定点当たり報告数は0.95(患者報告数4,682)となり、前週の定点当たり報告数0.80より増加した。都道府県別では沖縄県(7.12)、鹿児島県(2.71)、福岡県(2.19)、北海道(1.76)、宮崎県(1.68)の順となっている。30都府県で前週の定点当たり報告数より増加がみられたが、17道県で前週の定点当たり報告数より減少がみられた。

定点医療機関からの報告をもとにした推計受診者数については、現在システムの調整を行っていることから、可能となった時点から情報提供を行う予定だという。

・注意報は、地域を管轄する保健所単位で発生する仕組みになっている。全国で警報レベルを超えている保健所地域は沖縄県の1か所(八重山)、注意報レベルを超えている保健所地域は鹿児島県の1か所(川薩)だった。

基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は57例で、前週(66例)より減少。27都道県から報告があり、年齢別では0歳(1例)、1~9歳(26例)、10代(2例)、30代(2例)、40代(2例)、60代(3例)、70代(6例)、80歳以上(15例)だった。

国内のインフルエンザウイルスの検出状況は、直近の5週間(2019年第40~44週)ではAH1pdm09(90%)、AH3亜型(8%)、B型(3%)の順だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 【インフル流行マップ45週】定点当たり報告数が1を超え、全国的な流行期に突入-感染研
  • 110歳以上の日本人長寿者が血中に特殊なリンパ球を多く持つことを発見-理研ら
  • EGFR陽性の非小細胞肺がん、ゲフィチニブと抗がん剤の併用が有効の可能性-東北大
  • 黄砂飛来の数日後に胎盤早期剥離を伴う出産が増加-東邦大ら
  • 脳の炎症に作用するTSPO拮抗薬に抗うつ作用発見、新規抗うつ薬開発に期待-広島大ら