医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 静脈可視装置「ベインビュア」発売-テルモ

静脈可視装置「ベインビュア」発売-テルモ

読了時間:約 1分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月04日 AM11:15

注射や採血で静脈に穿刺する際に用いられる静脈可視装置

テルモ株式会社は4月2日、」(一般的名称:)を全国の医療機関に向けて販売開始したと発表した。


画像はリリースより

静脈可視装置は、注射や採血で静脈に穿刺する際に用いられ、血管が細い患者や小児の穿刺前の血管確認や、穿刺後に薬剤が血管に流れている様子の目視に使用する。同装置は、近赤外線を用いて静脈の太さや血管走行を可視化する装置。近赤外線には血液に吸収される性質があるため、皮膚の表面に照射すると、血液に吸収されなかった近赤外線が装置に向けて反射される。静脈可視装置はこの反射されたデータを解析し、皮膚に画像として投影する。

5種類の投影モードを標準搭載、状況に応じた見やすさ目指す

ベインビュアは、深さ10mmまでの静脈を皮膚に投影する。ユニバーサルモード(標準モード)、ファインディティールモード(高精度モード)、インバースモード(反転モード)、リサイズモード(対象に応じた3段階の投影サイズ選択が可能)、マックスブライトモード(標準より40%明度をアップ)、カラーモード(背景色を黄色または白から選択可能。ベインビュア ビジョン2のみ搭載)など5種類の投影モードを標準搭載し、状況に応じた見やすさを目指したという。

臨床現場での使いやすさにも配慮し、充電式バッテリーを採用。持ち運びやすいハンディタイプの「ベインビュア フレックス」と、スタンドタイプの「ベインビュア ビジョン2」を展開する。同社は、2018年度に約50台の販売を目指したいとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 14種類の皮膚腫瘍を識別するAI診断補助システムを開発-筑波大ら
  • スマート治療室「スタンダードモデル」が信州大学病院に完成、臨床研究開始-AMEDら
  • Apple Watch用かゆみ計測アプリ「Itch Tracker」公開-マルホら
  • 眼底網膜像を“自撮り”できる小型カメラシステムを開発-奈良先端大
  • 重症心不全患者に対する体外設置型連続流補助人工心臓システムの医師主導治験を終了-国循