医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > セマグルチド、デュラグルチドに対して優れたHbA1c低下示す-ノボ

セマグルチド、デュラグルチドに対して優れたHbA1c低下示す-ノボ

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月23日 PM01:00

2型糖尿病患者対象のP3b試験で

デンマークのノボ ノルディスク社は8月16日、SUSTAIN7試験の結果から、週1回投与のセマグルチドで治療を受けた2型糖尿病患者において、デュラグルチドによる治療と比較して、優れたHbA1cの低下と体重減少が示されたことを発表した。

セマグルチドは、週1回投与のヒトGLP-1アナログ。現在、、日本の医薬品医療機器総合機構を含む7つの規制当局によって審査されている。

SUSTAIN7試験は、2型糖尿病患者1,201人を対象に、メトホルミン併用下でセマグルチド(0.5mgまたは1.0mg)、あるいはデュラグルチド(0.75mgまたは1.5mg)をそれぞれ週1回追加投与した時の有効性と安全性を、0.5mgとデュラグルチド0.75mg間、1.0mgとデュラグルチド1.5mg間で比較検討した第3b相、40週の試験。主要評価項目は、デュラグルチドと比較した、セマグルチド投与40週後のベースラインからのHbA1cの変化量。

デュラグルチドに対して、統計学的に有意な体重減少効果

同試験の結果、HbA1cは、ベースライン時の平均値8.2%から、セマグルチド0.5mg群で1.5%低下し、0.75mg群の1.1%と比較して、統計学的に有意な改善が示された。また、セマグルチド1.0mg群では1.8%低下し、1.5mg群の1.4%と比較して、統計学的に有意な改善が示されたという。

米国糖尿病学会(ADA)が定める血糖コントロール目標値「7%未満」の達成率は、デュラグルチド0.75mg群の52%に対し、セマグルチド0.5mg群では69%。デュラグルチド1.5mg群の68%に対し、セマグルチド1.0mg群では79%だった。

米国臨床内分泌学会()が定める治療目標「HbA1c6.5%以下」の達成率は、デュラグルチド0.75mg群の36%に対し、セマグルチド0.5mg群では51%。また、デュラグルチド1.5mg群の49%に対し、セマグルチド1.0mg群では68%だった。

また、ベースライン時の平均体重95kg、BMI(kg/m2)33.5からの体重減少量は、デュラグルチド0.75mg群で2.3kg減少したのに対し、セマグルチド0.5mg群では4.6kg減少し、統計学的に有意な体重減少を示した。また、デュラグルチド1.5mg群で3.0kg減少したのに対し、セマグルチド1.0mg群では6.5kg減少し、統計学的に有意な体重減少が示されたとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • デュピクセント、コントロール不良中等~重症ぜんそく小児対象P3試験で重度発作を有意に低減-仏サノフィ
  • 成人HIV-1感染症患者へのIslatravirとドラビリン併用後期P2試験96週時データ、MK-8507のP1試験結果を発表-米Merck
  • タグリッソ、早期EGFRm NSCLC術後補助療法として中枢神経での再発リスク82%低減-英AZ
  • 抗精神病薬「エビリファイ持続性水懸筋注用」、効能追加の承認取得-大塚製薬
  • 再発または難治性の多発性骨髄腫の治療薬「サークリサ」発売-サノフィ