医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > ジャディアンス、安全性データのプール解析結果を公表—独ベーリンガーと米リリー

ジャディアンス、安全性データのプール解析結果を公表—独ベーリンガーと米リリー

読了時間:約 1分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月18日 PM12:45

15件の試験と4つの延長試験のプール解析結果

独ベーリンガーインゲルハイムと米イーライリリー・アンド・カンパニーは7月3日、1万2,500人以上の成人2型糖尿病患者を対象とした15件の試験と4つの延長試験の安全性データのプール解析の結果、「ジャディアンス(R)10mg、同25mg」(一般名:)による治療は忍容性に優れ、下肢切断や骨折では、プラセボ群とジャディアンス群において不均衡は認められなかったと発表した。この解析結果は、「Advances in Therapy」に掲載された。

ジャディアンスは、1日1回経口投与のナトリウム依存性グルコース共輸送担体()阻害剤。2型糖尿病で高血糖の患者に対し、SGLT2を阻害することで過剰な糖を尿中に排出。さらに、ナトリウムを体外に排出させ、循環血漿量を低下させる。同剤は現在、欧州や米国をはじめとする世界各国で、成人2型糖尿病患者の治療薬として承認。また、心血管死のリスク減少に関するデータが複数の国の添付文書に記載された初めての2型糖尿病治療薬である。

プラセボ群と比較して心血管死のリスクを38%減少

今回発表された論文では、15の無作為化第1~3相試験と、4つの延長試験において、プラセボ、同剤10mg、または同剤25mgを投与された2型糖尿病の患者を対象として解析を実施。有害事象については、同剤またはプラセボを少なくとも1回服用した患者を対象として評価した。

これらの試験で、心血管イベントの発症リスクが高い2型糖尿病患者では、血糖降下薬や心血管治療薬などの標準治療に同剤を上乗せ投与した結果、プラセボ群と比較して心血管死のリスクが38%減少したという。同試験における同剤の安全性プロファイルは、過去の試験の結果や現在添付文書に記載されている情報と一致。さらに、同剤による治療は忍容性に優れ、下肢切断や骨折では、プラセボ群と比較して不均衡は認められなかったという。

なお、日本におけるジャディアンス錠の効能・効果は2型糖尿病であり、心血管イベントのリスク減少に関連する効能・効果は取得していない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • オノアクト、敗血症に伴う頻脈性不整脈に関わる一部変更承認を申請-小野薬品
  • 血友病Bに対する遺伝子治療用製品の研究開発を開始-田辺三菱と自治医科大
  • イミフィンジ、小細胞肺がんの治療薬としてFDAよりODD指定−AZ
  • 開発中の抗タウ抗体E2814、ターゲットエンゲージメントバイオマーカー同定-エーザイ
  • 黄熱ワクチン1回接種用製剤「黄熱ワクチン1人用」、8月から接種開始-サノフィ