医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > トルツ、中等症・重症尋常性乾癬患者対象の直接比較試験結果を発表-米リリー

トルツ、中等症・重症尋常性乾癬患者対象の直接比較試験結果を発表-米リリー

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月27日 AM11:45

24週時点でウステキヌマブより有意に高い奏効率

米イーライリリー・アンド・カンパニーは3月4日、「(R)」(一般名:)を投与した中等症から重症の尋常性乾癬患者群がウステキヌマブを投与した患者群と比較して、24週時点で優れた有効性を示したと発表した。この試験結果の詳細は、3月3日から7日に米国フロリダ州オーランドで開催された米国皮膚科学会(AAD)の年次総会で発表された。

トルツは、サイトカインであるインターロイキン17A()に特異的に結合し、IL-17受容体との相互作用を阻止するIgG4。IL-17Aは自然発生するサイトカインで、通常の炎症および免疫反応に関与するが、同剤は炎症性サイトカインおよびケモカインの活性を抑制する。

活動性関節症性乾癬に対する第3相試験結果も年内に発表予定

今回結果が発表されたIXORA-S試験では、45mgまたは90mgを投与する群と、トルツを160mg投与で開始し2週ごとに80mg投与を12週間、その後、4週ごとに80mg投与する群のいずれかに無作為に割り付けた。評価項目は、PASI75、PASI100の達成、およびsPGA0または1の達成とベースラインから少なくとも2ポイントの改善とした。PASIは、病変部の皮膚の紅斑、浸潤、落屑の平均値の評価と全身に占める皮疹面積の割合により、乾癬の範囲および重症度を判定する指標。sPGAは、医師による特定時点における患者の乾癬病変の重症度の総合評価で、FDAが有効性の評価に使用している必須の指標だ。

その結果、主要評価項目であるPASI90を達成した患者群の割合は、ウステキヌマブを投与した患者群で59%であったのに対し、トルツを投与した患者群では83%だった。トルツ投与群は24週時点でウステキヌマブ投与群と比較して有意に高い奏効率が得られた。なお、トルツの安全性プロファイルは以前の臨床試験と一致していたという。

同社によると、活動性関節症性乾癬の治療における同剤を評価する第3相試験の結果は、今年中に発表される予定。また、同剤については体軸性脊椎関節炎の治療に関する第3相試験も実施中という。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 抗精神病薬「エビリファイ持続性水懸筋注用」、効能追加の承認取得-大塚製薬
  • 再発または難治性の多発性骨髄腫の治療薬「サークリサ」発売-サノフィ
  • アビガン、COVID-19対象P3試験・主要評価項目達成で承認申請へ-富士フイルム
  • 日本初のLABA/LAMA/ICS固定用量配合ぜんそく治療剤「エナジア」を発売-ノバルティス
  • デュピクセント、中等・重症の成人・青少年ぜんそくで効果が3年持続-仏サノフィほか