医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 「ワンクリノン」、国内の承認取得-メルクセローノ

「ワンクリノン」、国内の承認取得-メルクセローノ

読了時間:約 1分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月12日 PM01:00

「生殖補助医療における黄体補充」を効果・効能として

メルクセローノ株式会社は7月4日、「生殖補助医療における黄体補充」を効果・効能とした「(R)腟用ゲル90mg」(一般名:)の日本国内における製造販売承認を取得したと発表した。

ワンクリノンは、「Crinone(R)」のブランド名で1995年に英国で承認を受けて以降、現在では世界96か国で承認され、78か国で販売されている。メルクは、プロゲステロンを含む不妊治療薬ポートフォリオによって現在までに推定200万人以上の新生児の誕生をサポートしている。

メルクはこれまで、不妊治療に必要とされる、遺伝子組換え型ヒト卵胞刺激ホルモン(r-hFSH)、遺伝子組換え型ヒト黄体形成ホルモン(r-hLH)、遺伝子組換え型ヒト絨毛性ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)(r-hCG)の3種類のホルモンについて、遺伝子組換え製剤を含む不妊治療薬の包括的なポートフォリオを提供している。

不妊治療のリーディング企業として製品ラインナップを強化

同社は、日本においては、遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン製剤「ゴナールエフ(R)皮下注ペン300/450/900・皮下注用75/150」(一般名:ホリトロピンアルファ(遺伝子組換え))および「セトロタイド注射用0.25mg/3mg」(一般名:セトロレリクス酢酸塩)を販売している。

今回の承認により、不妊治療のリーディング企業として製品ラインナップを強化。同社は、国内における不妊治療領域のリーディング・カンパニーとしてのポジショニングを確立し、継続的な成長を目指していくとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 多発性骨髄腫の抗体薬エロツズマブ、新たな作用メカニズムを発見-自治医科大
  • ダプロデュスタット、腎性貧血治療薬として世界で初めて日本で承認申請-GSK
  • オノアクト、敗血症に伴う頻脈性不整脈に関わる一部変更承認を申請-小野薬品
  • 血友病Bに対する遺伝子治療用製品の研究開発を開始-田辺三菱と自治医科大
  • イミフィンジ、小細胞肺がんの治療薬としてFDAよりODD指定−AZ