医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 中外製薬 アバスチンの卵巣がんに対する効果・効能の追加承認を取得

中外製薬 アバスチンの卵巣がんに対する効果・効能の追加承認を取得

読了時間:約 59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月04日 PM08:36

初回治療の患者を対象に第3相臨床試験

中外製薬株式会社は11月22日、「(R)点滴静注用100mg/4mL、同400mg/16mL」(一般名:ベバシズマブ)について、卵巣がんに対する効能・効果追加の製造販売承認を取得したことを発表した。

(この画像はイメージです)

今回の追加承認取得は、初回治療の卵巣がん患者を対象にした第3相臨床試験に基づいたもの。標準化学療法とされているカルボプラチン・パクリタキセル療法にアバスチンを併用し、標準化学療法終了後にアバスチンを継続維持投与した結果、標準化学療法のみの投与を受けた患者と比較して主要評価項目である無増悪生存期間が統計学的に有意に延長することが示され、忍容性も確認されたという。

さまざまながんに効果

アバスチンは、腫瘍の増殖と転移に必要な血管の新生に重要なVEGFに特異的に結合することでその作用を阻害する抗体医薬品。転移性の結腸・直腸がんの治療薬として2004年2月にアメリカで承認を取得し、それ以来さまざまながんの標準治療薬のひとつと位置づけられている。

日本においては2007年4月に治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん、2009年11月に切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん(扁平上皮がんを除く)、2011年9月に手術不能または再発乳がん、2013年6月に悪性神経膠腫を効能・効果として承認を取得した。同剤が導入されることで、卵巣がんの治療がより発展していくことを期待する。(小林 周)

▼外部リンク

中外製薬株式会社 ニュースリリース
http://www.chugai-pharm.co.jp/hc/ss/news/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 抗NGF抗体Fasinumab、変形性関節症対象のP2/3試験を開始-田辺三菱
  • 抗凝固療法モニタリングのPT測定試薬「レボヘム PT」を発売-シスメックス
  • コバスEGFR変異検出キットv2.0の血漿検査、一部変更承認取得-ロシュ・ダイアグノスティックス
  • オプジーボ・ヤーボイの併用療法、腎細胞がん対象のP3試験で奏効率を達成-米BMS
  • 抗がん剤FF-10101、再発・難治性の急性骨髄性白血病対象のP1試験を米国で開始-富士フイルム