医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 帝王切開と粉ミルクは、乳児の免疫力に悪影響

帝王切開と粉ミルクは、乳児の免疫力に悪影響

読了時間:約 1分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年02月16日 AM01:13

乳児の成長に関わる大きな要因

分娩と授乳の方法は、乳児の一生の健康に何らかの影響を与えると言われてきたが、アニタ・コジルスキジ氏率いるカナダの研究者たちがその根拠を突き止め、Canadian Medical Association Journalに、11日、論文を掲載した。

(この画像はイメージです。)

自然分娩と帝王切開の比較

自然分娩の場合、乳児は産道を通るときにバクテリア、ウイルスやその他の病原菌が存在する環境に迎え入れられる。これが最初の免疫付与となり、乳児の体内では、徐々に微生物の中から有害のものと無害のものを区別して攻撃するようになる。

一方、帝王切開の場合には、乳児はこの免疫付与の機会を逃してしまい、免疫システムがまだ準備できていないために、一定の感染症に対して弱くなりやすい。生後4ヶ月の24人の乳児を対象にしたこの研究では、帝王切開で生まれた乳児は、腸内にあるエシェリキア属の細菌と赤痢菌の量が、普通分娩で生まれた乳児より少ないことがわかった。

母乳と粉ミルクの比較

粉ミルクを飲む乳児の腸内からは、母乳を飲む乳児に比べて、クロストリジウム・ディフィシレやペプトストレプトコッカス属の細菌が多く検出された。

成人にとってクロストリジウム・ディフィシレは、下痢などの原因とされている。乳児はこれによって下痢にはなりにくいが、丈夫で健全な免疫システムを発達させるのに必要なエシェリキア属の細菌と赤痢菌を腸内から追い出す可能性がある。(長谷川優喜)

▼外部リンク

Canadian Medical Association Journal:Gut microbiota of healthy Canadian infants: profiles by mode of delivery and infant diet at 4 months
http://www.cmaj.ca/

Web MD:C-Section, Formula May Disrupt ‘Good’ Gut Bacteria in Babies
http://www.webmd.com/baby/news/

TIME:The Connection Between Dirty Diapers and Childhood Health
http://healthland.time.com/2013/02/12/

このエントリーをはてなブックマークに追加
TimeLine: ,
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 【インフル流行マップ45週】定点当たり報告数が1を超え、全国的な流行期に突入-感染研
  • 110歳以上の日本人長寿者が血中に特殊なリンパ球を多く持つことを発見-理研ら
  • EGFR陽性の非小細胞肺がん、ゲフィチニブと抗がん剤の併用が有効の可能性-東北大
  • 黄砂飛来の数日後に胎盤早期剥離を伴う出産が増加-東邦大ら
  • 脳の炎症に作用するTSPO拮抗薬に抗うつ作用発見、新規抗うつ薬開発に期待-広島大ら