医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【肥満学会】自殺企図患者などに留意を-ウゴービ適正使用で声明

【肥満学会】自殺企図患者などに留意を-ウゴービ適正使用で声明

読了時間:約 1分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年11月29日 PM04:00

日本肥満学会は、ノボノルディスクファーマが肥満症治療薬として承認を取得したGLP-1受容体作動薬「」が22日に薬価収載されたことを踏まえ、「安全・適正使用に関するステートメント」をまとめ、27日に発表した。一定の診断に基づく適応の遵守を呼びかけると共に、糖尿病治療患者に対するウゴービ投与による低血糖への注意、自殺企図・念慮を有する患者への留意を求めた。

ステートメントでは、同剤の適応が「」であることを説明した上で、「健康障害を伴わない肥満に用いるべきではなく、低体重や普通体重など適応外の体重者に対し美容・痩身・ダイエット等の目的で用いる薬剤ではない」と強調した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬局機能検討会】休日・夜間に緊急対応拠点-「医師指示なし」の在宅で
  • 【日病薬調査】7割超が薬剤師確保計画-都道府県と病薬で意見交換
  • 日医・松本会長、薬価改革「しっかり注視」-創薬進展や医薬品供給
  • 【厚労省】国がOTC薬濫用防止対策-学校薬剤師・地区薬を活用
  • 【支払側が会見】確実な賃上げの検証必要-一層問われる薬局改革