医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【第一三共】第一三共エスファを売却-クオールHDに250億円で

【第一三共】第一三共エスファを売却-クオールHDに250億円で

読了時間:約 1分38秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年05月19日 AM10:20

第一三共は16日、後発医薬品事業を行う第一三共エスファを保険薬局事業などを行うクオールホールディングス(HD)に譲渡すると発表した。注力する癌事業など新薬事業にリソースを振り向けることなどが狙い。クオール側としては、医師、薬剤師、患者に受け入れやすいオーソライズドジェネリック(AG)に強いエスファをグループ化することで、同社製品の安定供給確保を図るほか、薬局現場のニーズを踏まえた付加価値製剤の開発、在庫動向を踏まえた生産・供給計画にも生かせると見ている。2024年4月までにクオールはエスファ株51%を取得し、将来的に完全子会社化する予定だ。

これは同日、両社の取締役会で決議された。第一三共は、新薬、後発品、一般用医薬品などヘルスケア製品を揃えた「総合的に日本の医療に貢献するリーディングカンパニー」を謳ってきたが、約800億円の売上規模で好調に推移していた後発品事業を250億円(全株式分)で売却することになった。従業員、労働条件は維持される。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬 岩月会長】中間年改定、中止か延期か廃止-長期品は丁寧な説明必要
  • 【薬局機能検討会】健サポ薬局、地域の相談役に-多職種連携で健康増進支援
  • 【厚労省】薬局4.3万軒が締結-医療措置協定、6月時点
  • 【中医協総会】医療DX体制加算は3区分-10月から適用、最大7点
  • 【FIRM 志鷹会長】本承認へ予見性高まる-再生医療等製品、有効性評価の通知