医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬連が声明】中間年改定「誠に遺憾」-4大臣合意を大きく逸脱

【日薬連が声明】中間年改定「誠に遺憾」-4大臣合意を大きく逸脱

読了時間:約 1分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月26日 AM10:36


■日薬連が声明

日本製薬団体連合会は21日、2023年度中間年薬価改定の骨子が取りまとめられたことに対し、「平均乖離率7.0%の0.625倍である乖離率4.375%を超える品目が改定の対象とすることが決定された。これは、薬価制度の抜本改革に向けた基本方針(4大臣合意)の趣旨から大きく逸脱したものであり、誠に遺憾」との所感を発表した。

日薬連は、急激な原材料費の高騰、安定供給問題に対応するための不採算品再算定の全品対象適用、イノベーション配慮の新薬創出等加算の加算額増額といった臨時・特例的措置に対しては、「業界の主張について配慮いただいたものと理解している」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬局機能検討会】休日・夜間に緊急対応拠点-「医師指示なし」の在宅で
  • 【日病薬調査】7割超が薬剤師確保計画-都道府県と病薬で意見交換
  • 日医・松本会長、薬価改革「しっかり注視」-創薬進展や医薬品供給
  • 【厚労省】国がOTC薬濫用防止対策-学校薬剤師・地区薬を活用
  • 【支払側が会見】確実な賃上げの検証必要-一層問われる薬局改革