医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > オミクロン株BA.2系統に対する新型コロナ治療薬の効果検証結果を発表-東大医科研ほか

オミクロン株BA.2系統に対する新型コロナ治療薬の効果検証結果を発表-東大医科研ほか

読了時間:約 1分57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年03月11日 AM10:45

国内承認されている治療薬、BA.2系統に対して有効か

東京大学医科学研究所は3月10日、)の治療薬が、オミクロン株BA.2系統の培養細胞における感染や増殖を阻害するかどうかを解析し、その結果を発表した。この研究は同研究所ウイルス感染部門の河岡義裕特任教授、国立感染症研究所インフルエンザ・呼吸器系ウイルス研究センターの高下恵美主任研究官らと、国立国際医療研究センターが共同で行ったもの。研究成果は、「New England Journal of Medicine」のオンライン速報版として掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

2021年末に新型コロナウイルスの変異株・オミクロン株が確認されて以来、同変異株による爆発的流行が世界規模で続いている。オミクロン株は、4つの系統(BA.1、BA.1.1、BA.2、BA.3)に分類され、BA.1系統に属する株が国内を含めた世界の流行の主流であるが、デンマーク、インド、フィリピン、スウェーデンなど一部の国々では、BA.2系統に属する株が主流となっている。

国内では、カシリビマブ・イムデビマブ、ソトロビマブの抗体薬、あるいはレムデシビル、モルヌピラビル、・リトナビルの抗ウイルス薬がCOVID-19に対する治療薬として承認されている。しかし、これらの治療薬がオミクロン株BA.2系統に対して有効かどうかについては、明らかではなかった。

培養細胞に対し、カシリビマブ・イムデビマブ、、チキサゲビマブ・シルガビマブは中和活性

研究グループは、はじめに、4種類の抗体薬(バムラニビマブ・エテセビマブ、カシリビマブ・イムデビマブ、チキサゲビマブ・シルガビマブ、ソトロビマブ)がオミクロン株BA.2系統の培養細胞への感染を阻害(中和活性)するかどうかを調べた。

その結果、バムラニビマブ・エテセビマブのオミクロン株BA.2系統に対する中和活性は、著しく低いことがわかった。それに対し、カシリビマブ・イムデビマブ、チキサゲビマブ・シルガビマブ、ソトロビマブは、同変異株に対して中和活性を維持していることが判明した。しかし、これらの抗体薬のBA.2系統株に対する効果は、従来株(中国武漢由来の株)に対する効果と比較して低いことがわかった。

抗ウイルス薬はいずれも増殖抑制

続いて、3種類の抗ウイルス薬(レムデシビル、モルヌピラビル、ニルマトレルビル)の効果を解析。いずれの薬剤も培養細胞におけるオミクロン株BA.2系統の増殖を抑制することがわかった。

新型コロナの動物モデルを用いて引き続き検証

研究グループは、COVID-19治療薬がオミクロン株BA.2系統の増殖を効果的に抑制するかどうかをCOVID-19の動物モデルを用いて、引き続き検証する予定。「本研究を通して得られた成果は、医療現場における適切なCOVID-19治療薬の選択に役立つだけでなく、オミクロン株BA.2系統のリスク評価など行政機関が今後の新型コロナウイルス感染症対策計画を策定、実施する上で、重要な情報となる」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 糖尿病性神経障害、発症に細胞外基質のコンドロイチン硫酸が重要と判明-新潟大ほか
  • 「リウマチ・潰瘍性大腸炎」治療薬の薬疹リスクアレルを発見-理研ほか
  • アルツハイマー病、脳脊髄液バイオマーカーと脳内病理の関係を解明-都長寿研
  • 住宅の種類と死亡リスクの関連を検証、低リスクは「持ち家」「公的賃貸」-千葉大ほか
  • 高齢者の介護費用、近所に生鮮食料品店があると月1,000円以上低い-千葉大