医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 東京都豊島区、薬剤師がワクチンを配送-個別接種でかかりつけ医に

東京都豊島区、薬剤師がワクチンを配送-個別接種でかかりつけ医に

読了時間:約 1分48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月07日 AM10:00

東京都豊島区は、かかりつけ医による新型コロナウイルス感染症ワクチンの個別接種で、薬剤師が医療機関にワクチンを配送する取り組みを進めている。区の保健所で仕分けしたワクチンは約40軒の保険薬局に運ばれ、薬剤師によって約200軒のクリニックへと届けられる。4月23日から業務を開始し、既に7592バイアルの配送実績がある。豊島区では、個別接種が全体の7割を占めており、薬剤師がワクチンの配送役を担うことで接種のスピードアップを狙う。

豊島区は区医師会と連携し、かかりつけ医による個別接種を推進してきた。通常は、保健所から接種を行うクリニックにワクチンが配送される仕組みだが、他の自治体に比べて個別接種の割合が高く、配送先が200軒のクリニックと分散されているため、配送業者を活用できない課題が浮き彫りになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 武田薬品、ペプチドリーム、中枢神経系でPDC創製へ-共同研究契約の枠組み拡大
  • 【予防接種・ワクチン分科会】40歳以上への接種を了承-AZワクチンが選択肢に
  • 【東京都】認定薬局制度の申請136件-「良い数字」と好感触示す
  • 【薬食調査会】症状消失4週間で献血可-コロナ感染者の制限期間
  • 政府、接種証明書の申請受付開始-7カ国で隔離期間短縮