医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省検討会】高齢者多剤指針の各論編了承-療養環境別に留意事項記載

【厚労省検討会】高齢者多剤指針の各論編了承-療養環境別に留意事項記載

読了時間:約 1分30秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月30日 AM10:30

厚生労働省の高齢者医薬品適正使用検討会は25日、高齢者の医薬品適正使用指針について、外来や入院医療などの療養環境別に医師・薬剤師等の医療関係者が考慮すべき「各論編(療養環境別)」案を概ね了承した。・慢性期病棟に入院する場合には、急性期の処方内容や治療の中心となる薬剤などの情報を入院前の薬剤師等と共有することなどを盛り込んだ。指針の各論編は、5月をメドに通知として都道府県に発出する予定。

各論編は、総論編と同様に医師や薬剤師などを対象としており、▽外来・・特別養護老人ホーム等の常勤の医師が配置されていない施設▽急性期後の回復期・慢性期の入院医療▽その他の療養環境(常勤の医師が配置されている介護施設等)――で構成。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【老年薬学会が提言】「昼1回」に服薬簡素化を-高齢者施設職員の負担軽減
  • 【流改懇】過大な薬価差是正に着手-チェーン薬局の取引可視化へ
  • 【薬局機能検討会】患者急変時の薬準備せず-薬局6割、在宅対応に課題
  • 【厚科審制度部会】製造管理者、非薬剤師にも-日薬連など制度改正要望
  • 【厚労省】チェックリストを改訂-薬局のサイバー攻撃対策